国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

南三陸ホテル観洋の語り部バスツアーに参加「3.11からの記憶」

kataribe.jpg10

「南三陸ホテル観洋」に宿泊した翌日、ホテルが企画・運営している語り部バスに参加しました。宿泊者限定で前日までに予約が必要です。一人一人ができることのひとつに、「記憶を風化させない」ということがとても大切だと思いましたのでここにまとめさせて頂きます。

スタッフの方の語り部ガイドを聞きながら被災地を見学

kataribe
ルートは、ホテル発(朝 8時45分)→ 戸倉地区 → 高野会館前 → 防災庁舎 →ホテル着(朝 9時45分ごろ)の約1時間です。

kataribe.jpg1
高野会館前から防災庁舎へ向かいます。

kataribe.jpg2
防災庁舎に到着しました。下車をして献花台へ向かうことができます。希望されない方は車内で待機をします。

kataribe.jpg3
スタッフの方の後に続いて歩いて行きます。

kataribe.jpg4
たくさんの土砂が積み上げられています。

kataribe.jpg5
防災庁舎が見えてきました。

kataribe.jpg6
初めて目のあたりにする光景に言葉を失いました。

kataribe.jpg7
多くの献花や千羽鶴が供えられています。

kataribe.jpg8
南三陸の現状をバスで見学する「語り部バス」は2012年2月よりスタートしました。
2013年3月現在、訪れた観光客はのべ3万人以上。実体験・教訓を伝えて下さいます。

kataribe.jpg9
2011年3月11日14時46分、東日本大震災発生。
南三陸町の被災状況 死者620名 行方不明者212名 建築被害3321戸
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

南三陸ホテル観洋の詳細

kannyou.jpg19
・太平洋の絶景見晴らす、露天風呂と客室。新鮮な海の幸が頂ける「南三陸ホテル観洋」
詳細はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ