国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

珍しい食虫植物を数多く育成!一年中花爛漫の大温室が楽しめる「兵庫県立フラワーセンター」

hyougo.jpg59

兵庫県加西市にある「兵庫県立フラワーセンター」にやってきました。ここは、自然の松林に囲まれた園内は中央に満々と水をたたえた亀ノ倉池、南国ムードあふれる大温室や大小様々な花壇や樹木園で構成されています。池には、野鳥が遊び、大温室では、熱帯、亜熱帯地方の清楚な花や大輪の花が咲き乱れています。飲食店や土産店も充実していて一日中遊べる花のテーマパークといえます!

大きな花壇に咲く花々に触れる

hyougo.jpg5
エントランスを抜けると、等間隔に整列された色とりどりのチューリップが並んでいました!凄い数です♡

hyougo.jpg46
3/19~4/30までチューリップまつりが開催。3月下旬に訪れたのですがここまで開花していました。

hyougo.jpg2
中央花壇は立体的な花壇で敷地面積 約 2,500㎡を誇ります。

hyougo.jpg3
花びらの一つ一つがとても美しい。

hyougo.jpg45
風に揺れる動きがとても可憐で臨場感があります。

hyougo.jpg53
なだらかな曲線がポイントの中央花壇。

hyougo.jpg1
花壇や色の組み合わせ方にこだわりを感じます。一瞬一瞬を生きる、花の生命力の凄さに感動しました。

hyougo.jpg48
色が変化しつつあるチューリップ。

hyougo.jpg4
池辺のテラスでは亀ノ倉池を一望できます。ウッドテーブルに座ってのんびりとした時間が楽しめます。自動販売機も完備。

大温室の植物たちを観察する

hyougo.jpg58
四季の花室。ここでは季節により異なる花々を楽しむことができます。

hyougo.jpg57
球根ベゴニア室。

hyougo.jpg8
360度に咲き誇る色鮮やかなベゴニアがたくさん♡

hyougo.jpg9
花びらの細かい部分まで観察可能。

hyougo.jpg10
吊り鉢や埋め込み鉢など、さまざまな角度から楽しめます。

hyougo.jpg55
熱帯植物室。

hyougo.jpg11
花のアーチや艶やかな熱帯植物が咲き誇るトロピカルガーデンで気分もウキウキします!

hyougo.jpg12
大きな植物で作ったリース。天井が高くて開放感があります。

hyougo.jpg13
葉の中央から葉先にかけてグラデーションになっています。自然にこのように育つ植物って不思議ですね。

hyougo.jpg56
ゲスネリア室。コンセプトは「ゲスネリア好きのマダムの部屋」。

hyougo.jpg61
様々なシーンで飾られたゲスネリアを堪能できます。インテリアが素晴らしい♡

hyougo.jpg62
みんなで感想を伝えられるようにノートが置いてありました。僭越ながら私も一筆してみました。

hyougo.jpg42
ラン室。高級な花で育成が難しいと言われています。

hyougo.jpg15
大小さまざまな形のランが咲き乱れています。上品な美しさに惚れ惚れ♡

hyougo.jpg16
食虫植物室。世界有数のコレクションを誇る食虫植物の初の常設展示が凄い!
葉の先から垂直に立てたランプのように見える捕虫袋が特徴の「ネペンテス ピルビレイ」は大変珍しいウツボカズラです。自生地に近い状態が見られる栽培株は世界でここだけ。

hyougo.jpg17
間近でその「不思議」を体感してみませんか。

hyougo.jpg18
小さいサイズのウツボカズラの種類も豊富。

hyougo.jpg20
中庭を通ってフラワーホールに向かいます。ここまでの主要時間は約20分くらいです。

hyougo.jpg22
温室喫茶Largoがありました。温室の花を眺めながら、ゆっくりお茶や軽食を頂けます。

hyougo.jpg21
カレーやケーキセットなどメニューが充実しています。

hyougo.jpg24
光沢のあるハート型が特徴的なアンスリウム。じつはサトイモ科なんです。

hyougo.jpg23
こちらの赤紫色をしたアンスリウムを初めて見ました~!ノーズが紫色です。

hyougo.jpg25
フラワーホール。ここには四季の草花等1,850鉢が揃っています。イベント会場としても使われます。

hyougo.jpg26
まるで和紙のような薄くて繊細な花。

スポンサーリンク

自然溢れる屋外も見どころいっぱい

hyougo.jpg28
お地蔵さんが芝生広場に集まっていました。

hyougo.jpg27
亀ノ倉池の向こう側には四季の花壇が見えました~迷子になりそうなくらいの広さです。早速行ってみます!

hyougo.jpg29
友愛の道。南入口から四季の花壇へと続く道で、春:チューリップ 秋:サルビアなどが植えられています。

hyougo.jpg30
「紅美人」という名前が付けられています。開花が待ち遠しいな。

hyougo.jpg41
チューリップの品種を看板にして紹介してくれています。とても見やすい!

hyougo.jpg32
池の近くを歩いているとアヒルが道端にやって来ました!どうやら池の網をくぐり抜けたみたいです。可愛い(^^)

hyougo.jpg37
花と緑のレストハウス「フルーリ」。1階100席、2階180席(予約席)もあり団体でも安心です。

hyougo.jpg33
四季の花壇。敷地面積 約5,000㎡とかなりの広さ。秋にはコスモスが咲き乱れます。

hyougo.jpg34
オレンジ、赤、ピンクと並び、品種によって形が千差万別。個人的にはフリルが好き♡

hyougo.jpg51
滝があります。近くで見ると水しぶきを感じる事ができます。両サイドには花で作ったオブジェがあります。パンジーのとってもいい香りがしました♡

hyougo.jpg35
噴水や滝からの水が流れています。水路がオシャレ。

hyougo.jpg49
スイセン。ヒガンバナ科です。

hyougo.jpg50
小さな青紫色の花を房状に咲かせるムスカリ。

hyougo.jpg36
北に行くと、さくら園がありました。4月上旬~下旬にかけてが見頃との事です。ここで見る満開の桜はとてもキレイだろうな♡

hyougo.jpg38
17時で閉園です。友愛の道を再び通って帰路へ向かいます。楽しかった~!


よろしければこちらもご覧ください。館内で流れていた癒やしのBGMとともに観賞して頂けます。

春のお花が見たくなって兵庫県立フラワーセンターを初めて訪れました。ここは国内最大級450品種の様々な美しいチューリップを見ることができるので、チューリップを見たくなったら迷わずここをオススメします!きっと感動すると思います。一つ一つの花がとてもキレイなので写真撮影に最適。一年を通じて四季折々の花々が気軽に楽しめる施設なので毎年訪れたいお気に入りの場所になりました。

兵庫県立フラワーセンターの詳細

〒679-0106 兵庫県加西市豊倉町 兵庫県加西市豊倉町飯森1282−1
0790-47-1182

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ