国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

日本一の名湯!草津温泉のシンボルとして町の中心にある源泉掛け流し工場「湯畑」

kusatu

さまざまな温泉ランキング1位を獲得している草津温泉にやって来ました!温泉好きの私がずっと行ってみたかった群馬県草津町。新幹線や飛行機が開設されていないので最寄り駅の渋川まで行き、バスに乗るという交通手段を駆使して辿り着きました。ここはまさに「THE 温泉街」です。

高原の風が心地よい天下の名湯「草津温泉」を満喫しよう

yubatake
JR吾妻線長野原草津口からバスで約15分、草津温泉バスターミナルに到着しました。ここから南へ徒歩5分歩くと湯畑がある温泉街です。

yubatake.jpg1
急勾配の階段を降りると、「白旗の湯」の源泉が湧き出ていました!源頼朝が発見したといわれており、地元の方が利用している共同浴場ですが一部は観光客も利用できます。

kusatu.jpg15
フツフツと熱を帯びた熱湯が飛沫を上げています。高温に注意です。

yubatake.jpg3
向かい側には2014年オープンした「湯路広場」があります。木の回廊と湯畑に面した棚田風の広場でイベント会場としても利用されています。

yubatake.jpg4
観光案内所がありました。その隣には「熱乃湯」があり、ここで湯もみショーのチケットを販売しています。

yubatake.jpg5
土産店や旅館が軒を連ねています。歩くだけでワクワクします♡

スポンサーリンク

温泉街の中心で自然湧出する源泉「湯畑」

kusatu.jpg4
湯畑の熱気でレンズが曇ってしまいました。。ここ湯畑は毎分約4000リットルの豊富な湯が滝となって流れ落ち、湯けむりが立ち込めます。

yubatake.jpg6
中心にあるのが、湧き出した源泉がこの樋を通っていくうちに冷めて適温になる「湯樋(ゆどい)」があります。7つの湯樋が並んでいます。

yubatake.jpg7
薄いエメラルドグリーンが美しい。

yubatake.jpg9
湯畑の脇に建つ総檜造りの東屋「湯けむり亭」。源泉掛け流しの足湯で24時間利用可能。タオルを持参すると便利です!

kusatu.jpg2
西の河原通りに歩いて行きます。視界には湯樋が広がります。

yubatake.jpg12
いよいよ湯樋の最終地点です。ここから先は滝のように流れ落ちる工程になります。

yubatake.jpg13
正面から見るとこのようになっています。この後、各浴場へと配されていきます。1830年に寄贈された石燈籠にも注目です。

kusatu.jpg3
まるで温泉のすべり台です。滝となって流れる光景はとても壮観!

kusatu.jpg5
岩盤には強酸性の環境で育つ藻類、イデユコゴメが見られます。

kusatu.jpg6
湯滝の周辺には食べ歩きに適した飲食店が集結しています。湯畑を眺めながらのランチは最高です♡写真右側の焼き鳥店で何か買おうかな~。

kusatu.jpg7
焼き鳥が手軽に食べられてオススメです。自販機がちらほらあるので便利。また、観光案内所の近くにコンビニもあります。

日没後のライトアップを楽しもう

yubatake.jpg2_.jpg1
11月~3月の第2・4土曜を中心とした冬季限定イベント「夢の灯り」が開催。キャンドルも用いてライトアップされます。

yubatake.jpg2_.jpg2
日が沈むと日中とはまた違った幻想的な街並みが楽しめます。

全国屈指の湧出量を誇り、湧き出た湯が滝のように流れ落ちる湯畑がシンボルの草津温泉。近年の再開発によりレトロでモダンな雰囲気に生まれ変わっていてとても活気がありました!周辺には飲食店がたくさんあるので、美味しいご当地グルメに舌鼓を打った後は源泉掛け流し温泉でほっこりしてみませんか♡群馬県のご当地グルメは卵でとじない「カツ丼」、こんにゃく、のどごしの良い極太が特徴「ひもかわうどん」、太麺の煮込みうどん「おっきりこみ」、日本三大うどんのひとつ「水沢うどん」などがありとてもユニークなんです。

「湯畑」の詳細

〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津 湯畑

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ