国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

向月台と銀沙灘の庭園が創りだす、風格ある禅寺「銀閣寺」

ginnkaku.jpg27

京都を代表する禅寺といえば、「金閣寺」と「銀閣寺」です。今回はずっと行ってみたかった銀閣寺にやって来ました!ここは美と風雅を愛した足利義政が残した堂宇を回遊。庭園の上部の展望台へ上がれば、銀閣の閑寂な佇まいが眼下に見渡せます。ゆっくりと自然を感じながら歩いてみませんか。

静寂に感じる仏閣の妙味「銀閣寺」

ginnkaku.jpg4
京都駅から市バスで35分の銀閣寺道で下車し、徒歩5分のところに銀閣寺があります。とても広々とした庭園のある禅寺です。

ginnkaku.jpg24
銀閣寺垣を通って中門へ向かいます。左右に広がる垣は圧巻です。

ginnkaku.jpg5
銀沙灘が姿を現しました。見事な松の木にも注目です。

ginnkaku.jpg6
銀沙灘(ぎんしゃだん)を目の前で見ることができます~!美しい♡ルートに沿ってぐるりと一周することができます。

ginnkaku.jpg7
太い筋模様で波紋を表した銀沙灘は、月光に輝く大海原を彷彿とさせます。

ginnkaku.jpg9
白砂を円錐形に盛り上げた向月台(こうげつだい)。考案された時期や作者は不明ですが、その造形からは東山文化の美意識が感じられます。

ginnkaku.jpg11
錦鏡池が銀閣を囲んでいます。

ginnkaku.jpg13
東求堂からの角度で撮影すると、銀閣と向月台・銀沙灘が同じアングルに入りますのでオススメです!銀閣は目と鼻の先ですが、ルートに沿って展望台を目指して歩きます。一旦、銀閣寺とはお別れです。

ginnkaku.jpg14
緑が多く落ち着いた境内を北へ歩いていきます。

ginnkaku.jpg15
水面に映る木々の様子もまた粋な演出です。

ginnkaku.jpg17
七福神の一つ、弁財天。お参りして行きましょう。

ginnkaku.jpg18
竹林が見えてきました。ここまでで約20分くらい経ちました。

ginnkaku.jpg19
樹齢を重ねた太い木々の間を通って行きます。歩きやすい足元がマスト。

ginnkaku.jpg20
展望台に到着しました~!銀閣寺が一望できます。とても清々しい気分です♡後方には月待山が見えます。

ginnkaku.jpg21
次はお待ちかねの銀閣寺へ向かいます。ワクワク♡

ginnkaku.jpg22
華美ではないけれど風格ある造りの銀閣寺。正式には慈照寺と呼ばれています。

ginnkaku.jpg23
観音菩薩を祀る観音殿(銀閣)は、下層を心空殿、上層を潮音殿といいます。東山文化の象徴的殿堂であり、国宝に認定されています。

ginnkaku.jpg25
圓通殿には売店があります。銀沙灘と向月台をモチーフにした俵屋吉富のお菓子など京都らしいお土産が揃っていますので立ち寄ってみて下さい。

向月台・銀沙灘がとても美しかったです。屋外にあるので悪天候の際にはどうしているのだろう?とついつい心配してしまいました。さらさらとした白砂はまるで銀色の波のよう。簡素ながら、「侘び」「寂び」の真髄を感じられる銀閣寺は金閣寺との対比でもあります。また、紅葉の時期には美しい色合いの庭園を楽しむことができますので、季節を変えて訪れてみたいと思いました。

周辺の観光スポット

ginnkaku.jpg3
・まつばや
銀閣寺前のあるサクサク玄米のシュークリーム店。抹茶やカスタードのほか、桜味など季節限定ものもあります。飲食店がたくさん軒を連ねていますので、この周辺は食べ歩きに最適。

nannzennji.jpg20
・哲学の道
哲学者の西田幾多郎が思索にふけりながら歩いたというエピソードが由来の道。春の桜の美しさは格別です。

nannzennji.jpg4
・南禅寺
赤レンガの水路閣がある、季節の美を映す禅宗の大寺院「南禅寺」
南禅寺はこちら

「銀閣寺」の詳細

〒606-8402 京都府京都市左京区銀閣寺町2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ