国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

瀬戸内海の海の幸を満喫できる料理自慢の宿で寛ぎのひとときを過ごす「道後夢蔵 旅庵浪六」

yumekura.jpg11

瀬戸内海から宇和海へ続く海岸線と四国山地に囲まれた、柑橘類の産地として知られる愛媛。天下の名湯・道後温泉やサイクリングブームに沸くしまなみ海道のほか、砥部や内子の街歩きも人気があります。温泉好きにはたまらない日本最古の温泉「道後温泉」や風情ある温泉街は見どころいっぱいです!

五感で感じる愛媛の極み「道後夢蔵 旅庵浪六」

yumekura.jpg2
国指定重要文化財である道後のシンボル「道後温泉本館」。その歴史ある本館の東に位置する、石垣と緑に囲まれたところにあるのが地産地消の宿「道後夢蔵 旅庵浪六」です。

yumekura.jpg1
竹や水を使った演出は見るものを楽しませてくれます。

yumekura
今回は「楽庵」という部屋に宿泊しました。各部屋ごとに名前が付いていて分かりやすい。

pic_room01_raku
「水の流れ」をコンセプトにした部屋。室内の砥部焼はどれも川の流れの様な流麗さと、力強さを兼ね揃え、落ち着いた雰囲気を醸し出す。また、浴室は水の中にいるような気持ちにさせる、全面砥部焼仕様。可愛いペンギンがほっとさせてくれます。道後の街並みを眼下に望むことができるので一番眺めの良い部屋だと思います!

pic_room01_yume
こちらの部屋は「夢庵」。内子・五十崎和紙、伊予絣、菊間瓦、愛媛県内で生まれ育った工芸品を使って、グラフィックとテキスタイルのデザイナー、セキユリヲ氏がプロデュースした空間です。こちらの部屋もいいな~と思いました!次回、泊まってみたい♡

yumekura.jpg4
希望される全てのお客様に、「道後温泉本館1階神の湯階下」の入浴券プレゼントしてくれます。夕食の前のお風呂は最高に気持ちいいですね!

見た目の美しさが際立つこだわり食材を使った会席料理

yumekura.jpg12
水口酒造「道後酒造 大吟醸」をオーダーしました。ラベルから美味しさが伝わってきます。大吟醸ならではの華やかな飲み口です。

yumekura.jpg13
秋の訪れを感じさせる一品。「伊佐庭会席コース」を頂きます!

yumekura.jpg14
お造りの盛り合わせ。

yumekura.jpg16
季節鮮魚の煮付け。

yumekura.jpg15
お月見を感じさせる盛り付けが楽しい気分にさせてくれます。右下の大根でできたウサギがキュート♡

yumekura.jpg3
夜ご飯の後、旅館の浴衣を着たまま道後の街を散策しに行きました。昼とはまた違った情緒ある景色が楽しめます!帰宅すると、部屋に夜食のおにぎりと湯上がりドリンクが置いてありました。嬉しいサービスに感動です!

愛媛の恵みを大切にした四季折々の身体にやさしい朝食

yumekura.jpg5
自社農園で採れた農薬不使用の野菜を使っています。緑々しい緑がとても鮮やかです。

yumekura.jpg6
松山市農家の野菜を使用した9連盛り。少しずついろんな料理が頂けるなんて最高の贅沢ですね!

yumekura.jpg17
雑魚天とだし巻き玉子。薬味の大根おろしにネギが入っているのがポイントです。

yumekura.jpg9
季節のフルーツ盛り合わせ。

yumekura.jpg10
朝食は完全個室席です。ゆったりとした時間を過ごすことができます。ここからは道後温泉本館を眺めることができます。

初めての愛媛県道後温泉でしたが、この宿に泊まって本当に良かったな~と思いました。理由はなんと言ってもアクセスの良さです!道後温泉駅を少し北に上がったところにあり、観光スポットに近い場所にあります。「道後温泉本館」や「道後ハイカラ通り」にも近いのでそぞろ歩きを楽しむことができます。また、料理がどれも美味しくて、一つ一つ丁寧に作られていたことがとても印象的。その他には日本最高級を誇る今治タオルを扱う「伊織道後本店」や四国銘菓「ハタダ 栗タルト」はお土産に最適です。

周遊の観光スポット

dougo1
・道後温泉本館
日本最古の歴史を誇る、四国を代表する温泉街「道後温泉」。三大古泉と呼ばれており、その歴史は3000年以上とされています。

「道後温泉本館」の詳細

「道後夢蔵 旅庵浪六」の詳細

〒790-0837 愛媛県松山市道後湯月町4−5
089-931-1180

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ