国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

子供から大人まで大満足の都市型遊園地「東京ドームシティアトラクションズ」へ行こう!

tokyo-dome.jpg6

東京にはどんな遊園地があるんだろう?とふと考えてみたら「後楽園ゆうえんち」が脳裏に浮かびました。いろいろと調べてみると、名前が変更されて「東京ドームシティアトラクションズ」に改名されていました。実際に行ってみると、とても怖そうなジェットコースターがありました!その他にも「大型ショッピング施設ラクーア」や「東京ドーム天然温泉スパ ラクーア」などが隣接していて一日中遊べるスポットなんです。

入園無料の都市型遊園地「東京ドームシティアトラクションズ」

tokyo-dome
ラクーアのすぐ横に見えるのが一番人気の「サンダードルフィン」です。面白そう!

tokyo-dome.jpg2
特設会場では子供向けのイベントが開催していました。大型トランボリンのようなものです。写真右側に「チケットインフォメーション」があります。ここで各アトラクションごとに回数券を購入します。私は今回、「サンダードルフィン」のチケットを購入しました。(1時間半待ちだったのでスキップパスも購入。土日祝日のみ販売1人520円。)
乗り放題のワンデーパスポート3900円もあり。

tokyo-dome.jpg15
園内を散策しているとカフェがたくさんありました。スタバはもちろん、ムーミンカフェを発見しました。ムーミンのアート入りカフェラテが可愛かったです。少し休憩したい時に最適です。

tokyo-dome.jpg14
夏季限定イベント「進撃の巨人×リアル脱出ゲーム」が開催中でした。楽しそう♪夏季には子供向けの水で遊べる広場もあります。

一番人気の絶叫系アトラクション「サンダードルフィン」が凄い!

tokyo-dome.jpg4
外観の様子。ラクーアの頂上にある空洞からコースターが出ています。とてもユニークでエキサイティングなルートです。前列の人々が乗るシーンを目の当たりにすることができるのですが、乗車してすぐに急勾配の坂を駆け上って行きます。乗車する前のドキドキ感がたまりません!

「サンダードルフィン」の急上昇から急降下までのワンシーン

tokyo-dome.jpg12
最高時速130kmでラクーア内をかけ巡るジェットコースター。乗り始めた瞬間からぐんぐん上っていきます。

tokyo-dome.jpg10
ちょうど頂上にきました。今から急降下しますーー!!ドキドキ感はMAXです!東京ドームや東京ドームホテルが一望できます。

tokyo-dome.jpg11
落ちる瞬間は下が見えないのでかなり怖いです。数回のアップダウンがあり、急勾配や斜めのルートが多いのが特徴。

tokyo-dome.jpg7
園内から見た様子。想像以上の高さに脱帽です。

tokyo-dome.jpg8
頂上からの景色はまさに絶景!音楽を聴きながら1周約15分の空の旅を楽しめる観覧車「ビッグ・オー」。

tokyo-dome.jpg13
隣接した「ラクーア」には自由に出入り可能なので、ショッピングや食事したりできるのも利点です。営業時間:10:00~21:00。季節によっては22:00まで。

遊園地が好きでさまざまな絶叫系アトラクションに乗っている私ですが、「サンダードルフィン」は思った以上に怖かったです。クネクネと曲がったルートがスリル満点!他に乗ってみたいと思ったアトラクションは、「スーパーバイキングソラブネ」。80人乗りの巨大な海賊船が左右にスイングするライド系アトラクションで最高15mの高さまで上昇後に急落下します。また、2014年5月に登場した「ブンブンビー」も面白そう!飛び回るハチをイメージした動きをする回転型アトラクション。次回訪れた際には乗り放題のワンデーパスポートを購入して、園内にある全ての乗り物にチャレンジしたり、「サンダードルフィン」に何回か乗ってみたいと思いました。そして、遊園地で楽しんだ後は11:00~翌朝9:00まで営業している、「東京ドーム天然温泉スパ ラクーア」で汗を流すのも良さそう。

「東京ドームシティアトラクションズ」の詳細

〒112-0004 東京都文京区後楽1-3-61
03-3817-6001

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ