国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

[日本最古]ジャイアントパンダやハシビロコウなど約400種3,000点!日本を代表する動物園「上野動物園」

ueno.jpg24

上野に初めてやってきました。上野と言えば上野動物園、美術館を連想します。日本最古の上野動物園ははずせないスポットですね。ジャイアントパンダに逢えるのが楽しみです♪
駅周辺はまるで大阪のような雰囲気で、アメ横商店街や飲食店がひしめき合っていますので帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

西と東園に分かれた緑あふれる巨大エリアを巡ろう

ueno
1882(明治15)年、上野公園に博物館が開かれ、その付属施設として上野動物園は開園しました。とても広いので主要時間はだいたい2時間くらいだと思います。

ueno.jpg1
西園の池之端門から入るとすぐに目に飛び込んできたのはハシビロコウ。サギとコウノトリとペリカンの特徴をあわせもった鳥です。しかし、これらのうち、どの種類とも類縁関係はなく、この鳥1種で1科を成す珍しい鳥です。体とはつりあわない大きなくちばしと頭が「靴くちばし」や「くじら頭」という意味の英名の由来となっています。

ueno.jpg2
多くの時間ほとんど動かず、休息しています。まるで作り物のような姿は不思議な力を秘めています。ちょうどこちらを見てくれました。

ueno.jpg3
横から見た様子。飼育されている道路が少ないので観察できて良かったです!

ueno.jpg4
シマウマを発見しました。

ueno.jpg5
緑がとても多い印象を受けました。ちなみに坂も多いので歩きやすい足元がオススメです。

ueno.jpg6
東園と西園はモノレールを使えば1分半で移動できます。運行時間は9:40~16:30。

ueno.jpg28
大人(中学生以上)片道150円。モノレールからの眺め抜群です。

ueno.jpg7
アジアゾウ。「ゾウの住む森」ではメス3頭とオス1頭が別々に生活しています。急に発した鳴き声に驚きました!!ゾウさんも鳴くんですね。

ueno.jpg8
館内案内図。工事中のエリアもありました。まだまだ充実する予定のようです。

一番人気のジャイアントパンダに会いに行こう!

ueno.jpg10
長蛇の列ができていました~。パンダの人気は永遠に不滅ですね(^O^)

ueno.jpg9
ちょうどパンダのエサやりの時間でした、ナイスタイミングです!15分待ち。パンダの生態について掲示板があるので退屈しませんでした。

ueno.jpg13
シンシンが登場しました!!怖いもの知らずで好奇心旺盛。かなりのグルメさん。メス。

ueno.jpg14
なんだか微笑んでいるように見えます♡

ueno.jpg11
なんと、、パンダが立ちました!

ueno.jpg12
二足歩行で歩いて来ました~ニコニコしていてキュート!

ueno.jpg15
実はパンダの運動不足解消のためにエサを高い位置で吊るしているんです。頑張れシンシン!

ueno.jpg16
次はリーリー、オス。竹やリンゴ、パンダ団子が大好物。もう竹に無我夢中なんです♪

ueno.jpg17
サービスショットも撮らせてくれます。可愛い~!

ueno.jpg18
園内には五重塔もあるんです、ビックリしました。

ueno.jpg29
愛くるしい表情で人気のレッサーパンダ。(公式サイトより引用)

生息地をリアルに再現した「ゴリラ・トラの住む森」が凄い!

ueno.jpg19
まずはトラを観に行こうと思います。いくら探してみても姿を現してくれません、、、と思ったら肉の残骸を発見しました。恐るべし肉食動物。

ueno.jpg20
閉園時間が近づいていたからか、トラはゲージの入口の前でウロウロと慌ただしく歩きまわっていました。

ueno.jpg21
木洩れ日の森のような歩行ルートで気分も晴々します。

ueno.jpg22
ニシローランドゴリラのエリアにやって来ました。

ueno.jpg25
しっかりとした筋肉がとてもたくましい。

約400種3,000点を誇る日本最古の動物園はとても広くて、写真を撮ったりしていると時間が足りませんでした。ここは一日中遊べるスポットです!家族連れが多かったです。ジャイアントパンダが2頭もいるのもポイントですね。広々とした空間で元気に遊ぶ姿をガラス越しに見学できたり、エサやりの時間には食事のシーンにも遭遇できます。老若男女問わず、多くの人々を笑顔にしてくれる動物たちの力はとても偉大だと思いました。たくさんの動物たちに会いに行ってみませんか。

上野動物園の詳細

〒110-0007 東京都台東区上野公園9−83
03-3828-5171

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ