国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

それって本当に必要?旅を楽しむ秘訣は最小限の荷物にあり。

旅行かばん

旅に出ると日常では味わえない様々な感動や刺激があります。この刺激を求めて私たちは旅に出ます。でも、刺激があるということはそれなりに疲労も伴うということ。旅行から帰ってきたらグッタリしますよね?過度な疲労は、旅の楽しみまで奪ってしまいます。というわけで、まずはラフな格好で旅に出られるよう、旅行時の荷物を最小限にする方法をご紹介します。

旅先で本当に必要なモノは少ない。

旅行
アレもコレもとバッグに詰めこんでみたところで、一度冷静に考えてみてください。それって本当に必要?と。旅先で調達できるものはありませんか?「もしかしたら必要」程度のモノが入ってませんか?クツは2足も必要ですか?毎日違う服を着る必要がありますか?数泊の旅行で必要なモノって本当に少ないんです。使わない可能性があるモノは全部置いて行きましょう。

近くのテーマパークに行くようなラフスタイルがベスト。これだけ楽な格好なら、もっと気軽にいろんなスポットへ繰り出したいと思えるようになります。

キャリーケースとさようなら。手荷物かばん一つで旅に出よう。

旅行かばん
キャリーケースは何かと不便です。重いだけでなく、スペースをとります。トイレにも行きづらいし、お店にも入りにくい。運ぶのはホテルに着くまでかもしれませんが、行き帰りでかかる負担は旅の楽しみを半減させてしまいます。手荷物かばん(リュック)一つで旅に出ましょう。

ちなみに、私は国内旅行だけでなく、海外に行くときや1週間以上の長期旅行でも手荷物バック一つです。常識でしょ?

財布の中身も最小限に。

財布からっぽ
財布の中身まで?と思うかもしれませんが、そうです。財布の中身を減らしたところで、あんまり変わらないかもしれませんが、こういう小さなところから荷物を減らしていくことこそが、本方針の重要な指針になります。必要なクレジットカードやキャッシュカードを除いて、不要なポイントカード類、レシートなどはすべて自宅に置いて行きましょう。

トラベルキットを持ち歩く。

アメニティ
シャンプーやボディーソープ、歯ブラシはホテルにあるものを使い、その他の化粧水はトラベルキットなど小さな容器のものを持ち歩きましょう。ソーイングセットはホテルで借りれるので不要です。

携帯の充電器をホテルで借りる

スマホ
ホテルや宿によってはスマホ(Android,iPhone)の充電器を無料で貸し出しているところもあります(但し、数に限りがあり、確実ではありません)。また、新しめのビジネスホテルなら全室に常備していたりもします。さすがに私も充電器は持参しますが、究極的に荷物を減らしたい時は、そういう手もあります。必要になったら、コンビニで買うという感じ。

カメラはスマホで十分。

スマホのカメラ
写真家ならわかります。写真家見習いやカメラオタクもまだわかります。でも、思い出を残したいだけなら、わざわざ重たい一眼レフやデジカメ、充電器を持ち歩く意味がありません。本格的な撮影を突き詰めていくと、三脚など機材も必須です。しかし、大半は絞り調整どころかオートフォーカス使いだったりと一眼レフのメリットを活かせていないケースがほとんど。それならば、今のスマホは初心者向きで撮影機能も優れている。構図のイロハを学ぶだけでも、スマホで十分に美しい写真撮影が可能です。

スポンサーリンク

下着やインナーは現地で洗濯。

下着
下着、インナーは1回分の替えがあれば、基本的には事足ります。ホテルの洗面所で洗濯し、ハンガーにかけておけば、朝になれば冬場でもたいてい乾きます。もし朝になっても湿っている場合は、ドライヤーで乾かせばOKです。アウターの替えは基本必要なし。

また、ビジネスホテルではコインランドリーがあるところもありますので、可能であれば「部屋をコインランドリーのある階にしてください」と前もってホテル側に依頼しておくのも手です。もちろん断られる場合もあるので、無理強いしないように。

スーツは着ていくか、スーツ用ケースに。

スーツ
出張の際、スーツは着用していきましょう。そうすれば、キャリーケースは必要ありません。もし、どうしても私服で行きたい場合は、スーツ用ケースが便利です。

PCは最軽量でバッテリー駆動時間が長いモノを選ぶ。

パソコン
旅行中、パソコンは持ち歩かないに越したことはないですが、仕事などでどうしても必要ということもあるでしょう。そういう時は、軽量でハイスペック、かつバッテリー駆動時間が長いものを持ち歩くと良いでしょう。目安としては、重要約1kg程度、バッテリー駆動時間は体感で6時間以上。普段使いもできるようにCPUもハイスペックなものを選んでおくと良いでしょう。

ちなみにタブレットだと、iPadで約430g、iPad miniで330g程度。タブレットで対応できるなら、そうした方が断然快適ですね。

不要になった荷物は旅先から自宅に郵送。

旅の土産
旅行中に使わないであろう荷物はホテルや宿から自宅に郵送しましょう。例えば、衣類や娯楽の用具などですね。コンビニだと自分で梱包する必要が有るため、ホテルから郵送しましょう。梱包も行ってくれます。

お土産はできれば郵送するか、旅の最後に購入。

ポストオフィス
荷物を増やさないため、お土産はなるべく自宅郵送コースを選ぶか、旅の最後に購入しましょう。間違っても同伴者に全部持たせりゃいいや、とか考えないように。

さて、荷物を軽くする方法を大真面目に書いてみましたが、いかがでしたしょうか?
手荷物を減らせば、それだけ機動力も上がります。疲労感も軽減します。その分、楽しさは倍増です。ぜひ断捨離旅行をオススメいたします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ