国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

【国内最大クラス】約1200種の展示生物を誇る鳥羽水族館は一見の価値あり

鳥羽水族館

三重県鳥羽市の海沿いにある鳥羽水族館。Wikipediaには次のようにあります。

自然の環境を再現したゾーンが12あり、約1200種類30,000点もの海や川の生きものが飼育・展示されている。通路は観覧順序を無くした自由通路となっており、通路全長は約1.5kmである。2013年(平成25年)の入場者数は947,753人である。入館者の8割を大人が占めるという特徴を有し、「質実剛健な水族館」と評される。

つまり、中身を重視した水族館なのです。

大型のパノラマ水槽は圧巻!

古代魚、熱帯の海の魚達、日本海、日本の川、極地の海、ジャングル、人魚など様々なシュチュエーションで生き物が集められています。アシカのショーも楽しめます。

toba.jpg4
エントランスをくぐると、たくさんの水槽がありました!とっても広い。冬期だったのでバルーンでつくられたツリーが飾ってありました♡

鳥羽水族館
幻想的な水槽の中で、熱帯魚や亀が気持ちよさそうに泳いでます。

サンゴ礁
サンゴ礁。

鳥羽水族館
別カット。

鳥羽水族館
どこまでも水槽が広がる。

toba.jpg2
私はこれまでたくさんの水族館を訪れましたが、この水族館は一つ一つの水槽がとてもキレイで写真撮影に向いています。上方には各魚の詳細が記載されていて観賞しやすい♡

日本で唯一ジュゴンを展示。マナティーやスナメリも

2階では各ゾーンに分かれて人気ものたちが集結しています!
なかなかお目にかかることのできない生き物たちばかりです。

tobasui.jpg2
ジュゴン。人魚伝説のもとになったといわれている。海草が好物。

tobasui.jpg1
スナメリ。小型イルカで魚が好物。丸い顔と、きゅっと結んだ口元がキュート!

tobasui
イロワケイルカ。白黒模様が特徴の小型イルカ。母子で元気に泳ぎまわっている。

他にもたくさんの動物たちが勢揃い

toba.jpg1
愛くるしい目元をしたバイカルアザラシ。水中にはカラフルなボールもありました。

toba
エサを美味しそうに食べるカピバラさん♡白菜を食べるなんて初耳でした!

toba.jpg5
とても人懐っこいアザラシ♡

toba.jpg3
スイスイと遊泳しているアオウミガメの「カメ吉」

toba.jpg7
タツノオトシゴもいるんです♡

toba.jpg8
エンゼルフィッシュがペアになって泳いでいました。

toba.jpg13
大きな水槽で魚たちの観察に最適です。サンゴ礁の大きさに感動です!

toba.jpg12
今回の写真は全て一眼レフで撮影しましたが、水槽がキレイなのでこんなに美しく撮れます。水質もいい。

toba.jpg10
お土産ショップはとても充実した品揃えです。

toba.jpg9
伊勢湾に囲まれた水族館なので、窓から一望できます。是非チェックしてみてください!

toba.jpg11
ちょうど伊勢湾フェリーが出港しました。

toba.jpg6
鳥羽水族館の外観。夕方にはライトアップします。色々な動物たちが可愛い♡

この他にも、数年絶食しても生き続けるダイオウグソクムシなど、珍しい生物がたくさん。調べるほどに奥が深い水族館ですので、近所を観光の際は寄ってみてください。

鳥羽水族館 詳細情報

〒517-8517三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
0599-25-2555
営業時間:9:00~17:00(7月20日〜8月31日は8:30~17:30)
公式サイト: http://www.aquarium.co.jp/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ