国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

[カップル向け]英国の邸宅をイメージした、世界一の朝食が頂けることで人気!「神戸北野ホテル」

kobe-kitano.jpg27

神戸北野観光を楽しんだ後は、北野から一番近い老舗「神戸北野ホテル」に宿泊してみませんか。英国の邸宅をイメージした客室は、英国調のインテリアをしつらえた上質な空間が漂っています。広々としたロビーのインテリアは見事です。レストラン「イグレック」の朝食は通称「世界一の朝食」と呼ばれています。フランスの3つ星レストラン「ラ・コート・ドール」の朝食の再現許可を得たとの事です。果物をたくさん使っているところに注目です。

異国情緒流れる北野で非日常の贅沢を過ごす

kobe-kitano
異人館街の雑踏から少し外れた静かな街に佇む都市型オーベルジュです。

kobe-kitano.jpg2
明るい光に灯されたエントランスから入ります。赤レンガ造りが港街である神戸を表しています、ワクワク。

kobe-kitano.jpg3
館内に入ると大きな花瓶が目に飛び込んでくると共に、優雅な香りでもてなしてくれました、癒やされます。

重厚な雰囲気のロビーで思い思いの時間を過ごす

kobe-kitano.jpg4
白を基調としていて、気品あるインテリアが際立っています。中央の暖炉には薪が入っていました。冬期にはここで暖まることができるんだろうな。

kobe-kitano.jpg6
書斎をイメージしています。設立当初のシェフの写真が飾られています。

kobe-kitano.jpg5
チェスがテーブルの上に置かれていました。ここで対戦するのも楽しそうです。

kobe-kitano.jpg7
シャンデリアも見事です。暖かで優しい光に包まれます。

英国の邸宅をイメージした豪華な客室

kobe-kitano.jpg9
部屋に入るとソファの前のテーブルにウェルカムクッキーが置いてありました。こういったお茶菓子のサービスは嬉しいおもてなしですね。ちなみにこのイグレックのお菓子は神戸で作られている銘菓です。ここのレストランもイグレックです。

kobe-kitano.jpg8
窓際のテーブルに座って夜景を楽しむのも観光の醍醐味ですね。ここからはトアロードの街並みが一望できました。また、中華の名店「東天閣」も向かい側に見えました。

kobe-kitano.jpg14
部屋にはたくさんの洋書や雑誌が置いてありました。

kobe-kitano.jpg11
客室はピンク、グリーン、白の3種類あります。今回は白色のお部屋でした。

kobe-kitano.jpg12
大きくて使いやすい洗面台。

kitano
フランスの化粧品「クラランス」がアメニティとして置いてありました。とても上質な使い心地です。

kobe-kitano.jpg13
大理石を使ったお風呂にはテレビも完備。備え付けのバスソルトを入れて半身浴がオススメです。

その他の施設

kobe-kitano.jpg15
館内にあるエレベーターがアンティーク調でオシャレです。

kitano.jpg2
階段でも移動可能なので階段も使ってみませんか。このような螺旋状の階段は場所をとるので、近頃あまりお目にかかれないインテリアとなってしまいました、残念。木の温もりも感じることができて嬉しいな。

世界一と称される朝食会場へと向かいます

kobe-kitano.jpg17
ヨーロピアンスタイルにこだわった朝食がここで頂けます。大きな窓がたくさんあって、まるでフランスの街並みにいるような空間です。

kobe-kitano.jpg19
総支配人・総料理長 山口浩氏による提供です。カラフルなデザインのお品書きは読むだけでもワクワクします!

kobe-kitano.jpg20
5種類の野菜&果物ジュース。向かって右側の長細いグラスに入ったジュースはオレンジかグレープフルーツから選ぶことができます。その他はお品書きの通りです。フリュイ・ルージュ・トマトが味わったことのない味でした。

kobe-kitano.jpg21
フルーツをふんだんに使った一品。食べやすいように少しゼリーも入っていました。写真上部にはタピオカオーレ、紅茶風味のプルーンです。

kobe-kitano.jpg22
濃厚な黄身を持つ丹波地鶏の卵を使った半熟卵。専用のエッグカッターを卵にかぶせて、ボールを上から落として切り込みを入れます。

kobe-kitano.jpg23
6種類のコンフィチュールとバター。アーモンドベーストをパンに付けるととても合いました!生ハムとハムもバゲットサンドのようにして食べるとより美味しかったです。

kobe-kitano.jpg24
天然酵母のクロワッサン、フィナンシェなどのパンがたくさん。バターの芳醇な香りが食欲をそそります。ドリンクは紅茶かコーヒー、カフェラテから選ぶことができます。

kobe-kitano.jpg25
バターロールやバゲット。食べれない分はお持ち帰り出来ます。ここの朝食は品数が多くて、かなりお腹がいっぱいになります。なのでバターやコンフィチュールが必要なパンを先に食べてしまうのがオススメです。お持ち帰りにはクロワッサンやフィナンシェが向いています。

「ダイニングカフェ イグレック」でディナーを楽しむ

kobe-kitano.jpg28
グリルステーキディナーを予約してみました。前菜の盛り合わせ。とても手の込んだ料理です、見た目もキレイ!

kobe-kitano.jpg29
ハムだけでも3種類ありました。鮮魚のカルパッチョの種類の多さには驚きました。

kobe-kitano.jpg30
いろんな産地のお肉料理がフライパンに乗ってやってきました。パフォーマンスがユニークです。サイドメニューにはポテトが添えてありました。

kobe-kitano.jpg31
デザートは数種類の中から選択できます。ミルフィーユをオーダーしました。ピスタチオのアイスクリームの美味しさに脱帽!

kobe-kitano.jpg32
こちらはエクレア。チョコレートとプレーンがコラボレーションしています。一度に二度楽しめる。

kobe-kitano.jpg1
全体の外観。神戸の北野に相応しい気品あるホテルです。三宮駅から約15分。

周辺の観光スポット

kitano.jpg1
・北野異人館「英国館」
シャーロック・ホームズの衣装体験ができて、英国紳士と淑女気分を味わえるバーがあります。

英国館の詳細

今回2回目の北野ホテル宿泊でしたが、新鮮な気持ちで非日常空間を楽しむことができました。英国調のインテリアや果物を多く使用した「世界一の朝食」は特に女性が好きなシチュエーションだと思います!デートや記念日にオススメです。客室にはフランスの有名化粧品である「クラランス」のアメニティが用意されていたり、テレビでVOD(無料映画)が楽しめるのも良いサービスです。神戸北野へのアクセスは一番良いホテルだと言っても過言ではありません。ここに一泊するだけで、神戸観光の幅が一段と効率よくなるでしょう。異人館や神戸三宮や元町、布引ハーブ園もオススメの近隣スポットです。また、山側に位置しているので、夜間はとても静かで騒音の心配は皆無です。

神戸北野ホテルの詳細

〒650-0003 兵庫県神戸市中央区山本通3−3−20
078-271-3711

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ