国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

男体山の噴火により溶岩が川をせき止めて誕生した湖「中禅寺湖」

chuzenjiko.jpg1

中禅寺湖は、2万年前に男体山の噴火でできた堰止湖である。
人造湖を除く広さ4km2以上の湖としては、日本一標高の高い場所にある湖である。
また、栃木県最大の湖である。1周は約25kmであり、歩くと9時間ほどかかる距離。
当初は外国人向けの避暑地として注目されたが、今では釣りのメッカとしても知られる。

日光国立公園湖畔園地が周辺を囲んでいる

chuzenjiko
中禅寺湖や日光の自然を満喫。
滝に湖に山に川、マイナスイオンをたっぷり浴びて日頃のストレスを発散します。

chuzenjiko.jpg3
涼しくて風が気持ちいい!

chuzenjiko.jpg4
アヒルボートを発見。期間によっては運行していないので確認が必要です。

群を抜く存在感を放つ「男体山」

chuzenjiko.jpg2
男体山が向かい側に姿を現す。
男体山とは
→栃木県日光市にある標高2,486mの火山。山体は日光国立公園に属す。日本百名山のひとつ。

chuzenjiko.jpg6
夜間の様子。また違った一面を見せてくれる。

中禅寺湖 詳細情報

〒321-1661 栃木県日光市中宮祠

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ