国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

[役立つ情報満載]冒険とイマジネーションの海で楽しいひとときを過ごそう!「東京ディズニーシー」

disney-sea.jpg33

東京観光をしていて、「東京の遊園地へ行ってみよう!」ということになり、色々模索した結果、「ディズニーシー」にやってきました。ディズニーランドは約5年前に行ったことがあったのですが、ディズニーシーは初めてだったのでテンションが上がりました!そう思ったのもつかの間、急に決まった予定でてんやわんやでした。。笑
ディズニーランドに行く際にはやっておいた方がいいことがたくさーんありましたので、ここに書き記してまいりたいと思います。参考になれば幸いです。

JR舞浜駅に着いたら、ディズニーリゾートラインに乗ろう

disney-sea
ディズニーランド・シーに行くにはこのディズニーテイスト満載のモノレールに乗ります。1周5kmの距離を4~13分間隔で運行しています。
disney-sea.jpg38
ミッキーフェイス形の窓やつり革などキュートなデザインです。ちなみに、JR舞浜駅の最寄り駅である「リゾートゲートウエイ・ステーション」にはディズニーアンバサダーホテルがあります。今回はディズニーシーに行くので「東京ディズニーシー・ステーション」で下車します。

ディズニーリゾートラインの詳細

「リゾートゲートウエイ・ステーション」・「東京ディズニーランド・ステーション」・「ベイサイド・ステーション」・「東京ディズニーシー・ステーション」の順番に運行。「ベイサイド・ステーション」には東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルがたくさん建設されています。始発は「リゾートゲートウエイ・ステーション」を早朝6時からとなっています。(時期によって異なる場合がありますので要確認)

ディズニーシーの園内にある、「ホテルミラコスタ」に立ち寄ってみます

disney-sea.jpg2
宿泊地の予約をしていなかったので、ビジター利用ができるラウンジで予約をすることにしました。ずっと宿泊してみたいと思っていた「ホテルミラコスタ」はやはり満室でした。平日に訪れたのですが、やはり人気のホテルです。今回はオフィシャルホテルである、「東京ベイ舞浜ホテル」を予約することができました。

disney-sea.jpg4
バーカウンターの横に、クッキーで作られた飾り物が展示されていました。可愛くて、美味しそう~♪

disney-sea.jpg3
クランベリージュースとマンゴージュースをオーダーしました。お酒の種類も多いのでバーとして利用するのもよさそう。ガラス窓一面に雄大な景色が広がっていて眺めも抜群!

ディズニーシーを思いっきり遊ぶための絶対的ポイントまとめ

disney-sea.jpg37

1.ディズニーeチケットを使って入場しよう

入場券を当日に購入していたら必ず待ち時間が発生してしまいます。これを避けるためにウェブサイトでチケットを購入し、自宅で印刷したチケット(A4サイズの用紙)を使って入場するのがオススメです。当日の開園1時間前まで購入可能。

2.ディズニー・ファストパスを手に入れよう

特定の実施アトラクション付近に設置された発券機でファストパスチケットを発券し、パスに記載された時間に戻ってくれば待ち時間を大幅に短縮できます。入園したら、まず最初に目当てのアトラクションに行き、ファストパスを発券しましょう。枚数が決まっているので、このファストパスを入手できるかできないかで数時間の待ち時間が左右されてしまう必須のパスポートです!ファストパスは販売していないので早い者勝ちなんです。また、一度発券したら約1~2時間は発券出来ませんので厳選して使いましょう。
※USJとは違い、ディズニー・ファストパスは有料ではないので要注意です!!私は有料で購入できると思っていたのでお昼過ぎから入園してしまいました、一生の不覚でした。
対象アトラクション:タワー・オブ・テラー、トイ・ストーリー・マニア!、ストームライダー、インディ・ジョーンズ・アドベンチャー、レイジングスピリッツ・マジックランプシアター、マーメイドラグーンシアター、センター・オブ・ジ・アース、海底2万マイル。

3.レストランを予約する(プライオリティ・シーティング)

ランチやディナーは席を優先的に案内してくれる対象レストランがあります。食事をとる際に待ち時間を割くのは非常にもったいないので是非利用しましょう。
対象レストラン:「リストランテ・ディ・カナレット」、「マゼランズ」・「S.Sコロンビア・ダイニングルーム」・「レストラン櫻」・セイリングディ・ビュッフェ」の計5つ。
また、食事中にディズニーの仲間たちがテーブルに挨拶しにやって来るレストランがあります。これを「ディズニーキャラクターダイニング」と呼びます。対象レストランは「ホライズンベイ・レストラン」のみとなっています。こちらは予約不可で実施時間はレストランのキャストに確認する必要があります。キャラクターと一緒に写真撮影ができるのでとても人気があります。「マイ・フレンドダッフィー」では、ダイニングエリアの一部で食事をとりながらショーを楽しめます。ディズニーシーの園内で配布しているガイドマップで確認しましょう。(予約不可)

4.モバイルサイトを有効活用する

アトラクションの待ち時間やファストパス・チケットの発券状況をチェックできます。園内にある「パークインフォメーションボード」も有効活用しましょう。

5.待ち時間を快適に過ごそう

disney-sea.jpg35
待ち時間は必ずあります。まずは並ぶ前にトイレを済ませておきましょう。あと、飲食に困らないようにペットボトル飲料や園内で販売しているポップコーンバケットを持ち歩くと楽しい待ち時間になります。ポップコーンは全て食べきってもポップコーン取り扱いワゴンにて中身だけ販売しているのでとても便利です!レフィル540円~。ポップコーンは園内で数種類の味が販売されているので、いろんな種類を食べ比べてみるのもオススメです。私が購入したのはバター醤油味でした♪

6.パークの開園・閉園時間・アトラクションの運行状況を確認する

disney-sea.jpg36
季節や天候によって変更されるので要チェックです。ガイドマップ(全施設の場所を記した)&TODAY(ショーのスケジュールやオススメメニュー・グッズを記載)には必ず目を通しておきましょう。

いよいよディズニーシーを巡って行きます

disney-sea.jpg5
あてもなく辿り着いたのがここ「ミステリアスアイランド」でした。プロメテウス火山が目印です。アトラクションである、「センター・オブ・ジ・アース」は約3時間待ちだったので断念しました。天候不良で午前中に運転を見合わせていたのが混雑している理由とのことでした、ディズニー人気を改めて感じました。

disney-sea.jpg6
すぐ近くにあるアトラクション、「海底2万マイル」を発見しましたがこちらも長蛇の列でした。面白そう~!

disney-sea.jpg7
中華料理店「ヴォルケイニア・レストラン」がありました。ランチを済ませていたので、今回は見送りました~。

港の情緒溢れる「アメリカンウォーターフロント」を目指します

disney-sea.jpg10
暫くの間歩いていると、私の好きなダッフィーが街中に溢れていました、可愛い(^O^)
ダッフィーグッズやダッフィーにはディズニーシーでしか触れ合えることができないことに気が付きました、みなさんダッフィーグッズは買いそびれのないように購入しましょう!

disney-sea.jpg11
ノスタルジーあふれるニューヨークとケープコッドの街並みです。歩いているだけでもワクワクしてきます。

パーク内で購入できるテイクアウトフードを紹介します

disney-sea.jpg9
ギョウザドック。中身が撮影できていませんが大きなギョウザです笑
湯葉で包んだ餃子の具が入っています。ショウガのアクセントが抜群。

disney-sea.jpg8
ティラミス・クッキーサンドアイス。ティラミス風味のアイスをココアビスケットでサンドしてあります。甘さ控えめで美味しい。

一番人気のタワー・オブ・テラーに満を持してチャレンジします

disney-sea.jpg12
ずっと乗ってみたかった、急降下と急上昇を体験できるアトラクション。壮大な建築物の凄さは圧巻です!

disney-sea.jpg14
約3時間待ちとのことでしたが、気合いで並びます。屋根のない場所での長蛇の列はきついです~。並ぶ際には必ずトイレを済ませておきましょう。

disney-sea.jpg15
1時間経過でやっと屋根があるところで待つことができました、嬉しすぎます。これだけでも体力の消耗は全然違います。

disney-sea.jpg16
館内まで入りました。オーナーが謎の失踪を遂げて以来、閉鎖されていたホテルです。
細部までこだわりが伝わってきます。アトラクションを体験した感想はとても面白いの一言です。落ちる前の最上階から見る眺めはとてもキレイです。恐怖のあまり覚えていないという方が大半ですが、是非一望してみましょう。

大人気アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」に行こう

disney-sea.jpg13
両隣にあるのでアクセス良好です。トイの雰囲気が漂っています。

disney-sea.jpg18
かなりの人で賑わっています。待ち時間が2時間半以上とのことでした。一旦、考えることにします~。

disney-sea.jpg32
トイ・ストーリーの仲間が集まっています。写真スポットとなっていますのでここで撮りましょう♪

「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」に乗って街並みを周遊

disney-sea.jpg20
待ち時間が15分と表示してありました、嬉しすぎます!早速、並ぶことにします。

disney-sea.jpg21
眺めがとってもいいです。

disney-sea.jpg19
電動式トロリーに乗って、「ポートディスカバリー」へ向かいます。

disney-sea.jpg31
車内からの眺めはこんな感じです。

「ホライズンベイ・レストラン」でディナー

ここはパーク唯一のキャラクターダイニングに指定されています。キャラクターダイニングとは、食事中にディズニーの仲間たちがテーブルに遊びに来てくれるパファーマンス。近未来的な衣装を着たミッキー、ミニー、プルートが登場します。※この席ではアルコールの提供ができないので注意です。その他の席では可能。
disney-sea.jpg24
現在18時ですが、混雑を避けるために早めのディナーにしたいと思います。ここは「ディズニーキャラクターダイニング」が開催しているのですが、時間が終了していました、残念。もう少し早く行くべきでした。
ディズニーキャラクターダイニングセットをオーダー。メイン料理は5種類以上の中から選択できます。デザートとサラダ、パンかライスも選ぶことができます。メイン料理をステーキにしました、美味しそう♪

disney-sea.jpg25
こちらは大きなエビフライをチョイス。アルコールが飲めるので至福の時間を味わえます。

夕涼みも兼ねて「アクアトピア」に乗り込もう

disney-sea.jpg23
訪れたのが8月後半だった為、日が暮れてもまだまだ暑いです。こんな時は水上ドライブが楽しめるこのアトラクションが適しています!

disney-sea.jpg22
急に停止したり、旋回したりと予測不能な動きがたまりません。コースは2種類あります。選択はできないので運任せですね。濡れるアトラクションとの注意喚起がありましたが、背中から全体にかけてかなり濡れました!!午前中の陽が出ている時間帯ならすぐに乾いたと思うのですが、もう夕方だったので乾かずに少し寒かったので園内で購入したミニーちゃんのTシャツに着替えました。濡れますので注意しましょう。

再び「トイ・ストーリー・マニア!」にチャレンジします

disney-sea.jpg26
やっぱりディズニーシーに来たらこのアトラクションは外せないということで頑張って並ぶ決意をし、並ぶことにしました。先ほどよりも待ち時間が短くなっていたらいいな~。夜になり、ライトアップされていました、また違った雰囲気に早変わりです。

disney-sea.jpg27
待ち時間は10分程短くなっていたもののやっぱり長期戦になりそうです、ここまできたら気合いで乗り越えます!

disney-sea.jpg28
待つこと1時間。館内に入りました。ファストパス優先ルートがありました。指定された時間に入ることができる時間短縮のパスポートの重要性を身をもって感じました、羨ましい。

disney-sea.jpg29
おもちゃ箱をひっくり返したようなポップで明るいデザインが楽しいです!
アトラクションを体験した感想はとっても面白かったです。ヒモを引っ張ってボールを発射し、横のパートナーと合計点数を競っていくのですが、かなりの瞬発力がいります(笑)
下の方にいる、点数の高いキャラクターにボールを当てていくのがポイントです。

ディズニーリゾートラインに乗って帰宅します

disney-sea.jpg30
アトラクションを乗り終えて、帰る頃にはもう真っ暗でモノレールからの眺めが夜景モードになっていました。ディズニーシーの敷地全体がキラキラと輝いて見えるので窓に注目してみましょう。

複数のショップの中から、お気に入りのディズニーグッズを見つけよう

disney-sea.jpg34
ショップによって販売しているグッズが異なるので、お店巡りをするのもディズニーリゾートの醍醐味です。今回購入したのはお土産の定番、クッキー缶。ダッフィーとシェリーメイはディズニーシーの大人気キャラクターです。

今回、初めてディズニーシーを訪れましたがお盆前ということもあり、かなりの人で溢れかえっていました。数々の観光地や遊園地に行きましたが、まさかここまで混雑しているとは思いませんでした。ディズニー人気は永遠ですね。15時過ぎに到着して巡りましたが、まだまだ乗ってみたいアトラクションやパレードがたくさんあります。下調べは必要だと痛感しました。再びチャレンジするなら、まずホテルミラコスタに宿泊し、ファストパスでレイジングスピリッツとセンター・オブ・ジ・アースを予約。ホライズンベイ・レストランで食事をしながらディズニーキャラクターと写真を撮ってみたいです!ディズニーは営業時間が8時~22時までと遅い時間までパーク内にいることができるのはとても助かりました。

ディズニーシーの詳細

〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1−13
0570-008-632

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ