国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

動物ふれあい、収穫体験!淡路島で一日ゆったり遊べる大型施設「イングランドの丘」に行こう

夕焼けのひまわり

淡路島に来たら「イングランドの丘」に行ってみませんか。広大な敷地面積を誇り、動物たちに触れ合えて、野菜の収穫体験ができる珍しいスポットです!また、20年間にわたって愛されているコアラ館は貴重な施設です。アトラクションも充実していて自然の中で遊びたい時にぴったり!淡路島のご当地食材もふんだんに揃っています。

淡路ファームパーク「イングランドの丘」でおもいっきり遊びつくそう

england
エントランス。大型の駐車場が無料で利用できます。一般800円、子ども400円と嬉しい料金設定も魅力的。

england.jpg1
ロッカーはここにあります。

england.jpg21
エントランスを抜けるとグリーンヒルエリアとイングランドエリアに分かれています。まずは営業終了時間の早いグリーンヒルエリアから行くのがオススメ!お花で造られたコアラの花壇前は記念撮影スポットです。

england.jpg2
日本最多を誇る「ラビットワーレン」です。ここでは世界各国のうさぎと出会うことができます。

england.jpg6
うさぎの生態などが細かく展示してあります。

england.jpg4
初めて見るうさぎに出合いました。。毛並みがベルベットのような重厚さです。

england.jpg5
長い耳がポイントの白黒カラーのうさぎ。ずっと寝そべっていました。

england.jpg3
右側の張り紙には「動物ふれあいタイム」についての詳細が記載してありました。毎日、うさぎ11時~12時 モルモット13時半~14時半の間、動物と触れ合えます。

「動物ふれあいタイム」で動物と触れ合ってみよう

england.jpg32
私が来店した時間帯が14時だったので、今回はモルモットと触れ合えます。予約制ではないので順番待ちをします。待つこと10分、順番が来ました。カゴに入ったモルモットが可愛い。

「うさぎのくに」(屋外)で小動物を観察しよう

england.jpg8
うさぎ達が自由に跳びまわる姿を見ることができます。仲睦まじく二匹で牧草を食べています。

england.jpg9
カピバラもいます。お昼寝タイムです~♪

england.jpg10
白とベージュのうさぎさん。

england.jpg11
まだまだうさぎがたくさんいます!ここまで多くのうさぎの種類がいる施設は初めてです!寝顔に癒されます~。

england.jpg12
とてもヒトに慣れています。アップで撮影してみました。

england.jpg13
大きなカメを発見しました!イスの下がお気に入りの様子。

england.jpg14
葉っぱを食べたばかりで口元が緑色をしています笑

england.jpg15
プレーリードッグもいました!小さくてキュート。

england.jpg16
ふわふわの毛がチャームポイントの白うさぎ。真っ赤な瞳がキレイです。

england.jpg17
小屋ではなく、あえて狭い所に集まっているうさぎさん達。後ろ姿のおしりがなんとも言えない可愛さです。

england.jpg18
一匹一匹、名前が付けられています。呼びかけると反応してくれる子もいました。

イングランドの丘の顔として、20年以上愛され続けている「コアラ館」

ユーカリの葉しか食べず、600種類もあるユーカリのうち、好むのは35種類程度。木の上で1日18時間も眠り、夕暮れ頃に起きて活動を始める。こどもは母親の袋の中で約半年間を過ごします。
england
11時半頃にエサ交換をしているので行ってみましょう。(公式HPより引用)

england.jpg20
ユーカリの葉が大好物。木の上が大好きで終始寝ていました。

スポンサーリンク

園内にあるカフェで休憩しよう

england.jpg22
全部で5つあるフードショップのうち、「コアラ島バーガー」に来ました。テラス席もあって開放感があります。

england.jpg34
お昼ご飯を済ませていたので、淡路島の牛乳ソフトをオーダーしました。大人気のコアラ島バーガーが美味しそうでした。

england.jpg24
新鮮な淡路牛乳を使っていてとても濃厚!美味しい~。

もう一つのエリアである、「イングランドエリア」へ行こう

「イングランドエリア」行きのシャトルバスに乗って向かいます。距離にして約700m。歩くこともできますが15分程度かかります。5分~10分間隔で運行しています。

england.jpg3
大きな案内図があります。位置関係を把握するとスムーズに周遊できます。

inngu
こちらはとても自然豊かなエリアです。お花畑があり、季節の花々が咲いています。今回はひまわりが咲いていました!4月には菜の花畑、11月コスモス畑です。

温室のやさい畑でトマトの収穫体験ができます

england.jpg33
いろんな種類のトマトが栽培されています。この他にアイコや小夏などからも選択可能。

england.jpg28
グラムで値段が決まるシステムになっています。さっそくトマトを摘んでいきます。

england.jpg29
大きく実ったトマトの枝を発見しました。約300gほど摘みました。みずみずしくてとても美味しかったです!!季節にあわせて玉ねぎやいちご、とうもろこしなども収穫体験できるとのことです。また訪れた際には是非チャレンジしたい。

遊びの広場でさまざまなアトラクションに乗ろう

england.jpg30
一番人気のゴーカートにトライしてみます。

england.jpg31
1周650mと思ったよりも長いコースでスリル満点です!1台2人まで乗車できます。

england.jpg2
こちらエリアにも休憩場がたくさんあります。販売している商品やイートインできる食べ物が違うので、パンフレットで食べたい物を決めていくのがオススメです。

england.jpg4
カラフルなデザインの自動販売機。

england.jpg5
インドクジャクがいました!きれいな羽が印象的です。この他にもマーラやふくろうなどもいます!

england.jpg1
広大な敷地面積でとても広々としています。普段触れることのない大自然の中で身体をのばしてみませんか。

「イングランドの丘」はとても広大な敷地面積を誇るテーマパークです。
さまざまな動物や植物、ゴーカーメディアなどのアトラクションなどもあり、一日中遊べるのでデートや家族連れにオススメです♡野菜の収穫体験もできて、その場で頂く経験はなかなか貴重です。季節に合わせて楽しめるのも魅力。私は夏に訪れたのですが、大きなひまわり畑を初めて見て、とてもテンションが上がりました!飲食スペースも広くて、淡路島のご当地メニューを頂くことができます。

周遊の観光スポット

awaji.jpg15
海の絶景と二種類の洲本温泉、プールが一度に楽しめて大満足の淡路を代表するホテル。思いっきり遊んだ後は温泉に入ってリラックスしてみませんか。

「ホテルニューアワジ」の詳細

「イングランドの丘」の詳細

〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
0799-43-2626

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ