国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

海の絶景と二種類の洲本温泉、プールが一度に楽しめて大満足!淡路に来たならここに泊まろう「ホテルニューアワジ」

awaji.jpg15

私は関西に住んでいることもあり、淡路に訪れた際はいつも日帰りプランでした。帰れないことはないのですがタイトスケジュールがきつい。。もう少しゆっくりと滞在したい~!ということで、今回はずっと気になっていた「ホテルニューアワジ」に宿泊する機会を持つことができました。ここにはホテルのコンセプトである、「我が家のように寛げる空間」と「ゆっくりと流れる海の時間」があなたを待っています。

ホテルの海側にあるシーサイドプールで遊泳しよう

awaji.jpg1
宿泊者は13時からプールに入ることができます。早めに着いてチェックインを済ませ、プールで夏のひとときを満喫してみてはいかがでしょうか。
営業期間/7月1日~9月上旬または中旬(気候により) 営業時間/7:00~22:00

awaji.jpg14
広さ/25m×10m(深1.2m) 10m×5m(深0.6m)

awaji
とても広いプールなので大勢で楽しめます。左側には大きなテーブルやリクライナーがあり、休憩スペースも完備されています。

awaji.jpg16
さんさんと降り注ぐ太陽と目の前に広がる海を眺めながら、スライダーを滑ろう!

awaji.jpg3
桟橋からの眺め。だんだんと日が暮れてきました、澄んだ空気でとてもリラックスできます。

awaji.jpg24
多くの宿泊者が釣りを楽しんでいてビックリしました!私も是非トライしてみたい。毎年ここで釣りを楽しんでいるリピーターの方もいるそうです。夜間は花火を楽しんでいるカップルや家族連れの姿も見かけました。次回、ここに訪れる際には花火と水着を持参しようと心に決めました笑

我が家のように寛げる和室でリラックスしよう

awaji.jpg23
海一望の12畳の和室とハーバービューのゆとりある応接間。御影石を埋め込んだ数寄屋造りの玄関はとても風情があります。(80m2)

awaji.jpg11
縁側を出るとプールや海が一望できます。コーナールームなので抜群の眺めでした!

awaji.jpg9
ここから美しい夕日を眺めることができました。

awaji.jpg13
プールがよく見えます。ヤシの木やテーブルがあり、屋外特有の開放感があります。

海を一望できる絶好のロケーションで2種類の温泉を楽しもう

awaji.jpg18
・「くにうみの湯」
古事記に語り継がれる二柱の神“伊弉諾命”と“伊弉冊命”による日本創世の物語をモチーフにした木の香清々しい湯殿です。三熊山に源泉を持つ療養泉“洲本温泉”はもちろん、敷地内に源泉の湧くミネラル分がたっぷりのにごり湯“古茂江温泉”、ジャグジー風呂や湯枕など、多彩な湯を一度に楽しむことができます。

awaji.jpg17
敷地内に泉源をもつ、海のミネラル分たっぷりの赤湯「古茂江温泉」は、湯上り後のしっとりスベスベ感が特徴。淡路で赤湯に入ることができるとは思ってもいなかったので驚きました!

awaji.jpg22
・「淡路棚田の湯」
日本人の心に郷愁の念を呼び起こす「棚田」。淡路棚田の湯は、今もなお島に残る原風景の棚田を模した三段の湯船が自慢。古事記によると淡路島は「淡道之穂之狭別嶋」(あわじのほのさわけしま)、稲作に適した島とされており、今も変わらず稲作が盛んで、その棚田の雰囲気をお風呂に取り入れました。

awaji.jpg20
・ホテルニューアワジ別邸「淡路 夢泉景」にある「天宮の雫」
宿泊者は別邸のお風呂も楽しむことができます。連絡通路でつながっているので便利。こちらはメゾネットタイプのお風呂です。地上部分は海に続く波打ち際にある野趣あふれる露天風呂。こちらでも赤湯を楽しむことができます。メゾネット2F部分は展望自慢の大浴湯(洲本温泉)と、海・空・湯の贅沢につつまれた空間を提供する展望露天風呂。 広々とした湯船の向こうには海景のパノラマが広がり、淡路島の雄大な自然を眺めることができます。

スポンサーリンク

食材の宝庫である淡路島の海・山の幸に舌鼓をうつ

awaji.jpg7
「淡路牛の石焼・牛しゃぶ鍋と海の幸コース」をお部屋で堪能します。お刺身の盛り合わせ(鯛、雲丹、サザエ、鮪、太刀魚)はどれも新鮮で美味!

20150801_195330
淡路牛を石焼で焼いていきます。

awaji.jpg6
極上のお肉を、各々の好きな焼き加減で頂く贅沢は幸せです!

awaji.jpg4
朝食は部屋食かビュッフェスタイルを選択できます。ゆっくりと頂きたかったのでお部屋食をチョイスしました。淡路特産の玉ねぎスライスが新鮮で美味しかったです。

温泉好きの私にとって、宿泊地にいながらにして洲本温泉と古茂江温泉の2種類の温泉が楽しめるサービスはとても感動的でした!館内にある「くにうみの湯」と「淡路棚田の湯」は男女入れ替え制になっています。どちらもひけを取らない素晴らしい大浴場です。有馬温泉を思い出す、赤湯にこちらでも入ることができるのも利点です。また、別邸の「天宮の雫」のお風呂もとてもいいので入る価値ありです!こちらはメゾネット式になっていて、展望露天風呂からの眺めがとてもキレイです。
オススメはまずチェックインをして風呂に入り、食後に異なる風呂へ行く。早朝に起きて、もう一つの風呂に入ると3つの風呂全てに入ることができます。夕暮れと夜景、朝日を楽しむのがここでの温泉巡りの醍醐味ではないでしょうか。

ホテルニューアワジ別邸「淡路 夢泉景」の詳細

awaji.jpg27
大きなガラス張りが特徴的な海辺のホテル。写真はラウンジ「ル・クルール」

awaji.jpg26
館内にある大浴場「天宮の雫」に隣接している湯上がりラウンジ。黒豆とコーンをブレンドしたお茶が無料で頂けます。眺めがとても美しい!しばし思い思いの時間を過ごしました。

周辺の観光スポット

england
・イングランドの丘
お花、動物ふれあい、島グルメ、野菜や果物の収穫体験!淡路島で一日ゆったりと遊べる大型施設。コアラが数匹生息していてとても珍しい。日本最多を誇る「ラビットワーレン」では世界各国うさぎに出合うことができます。

「淡路ファームパーク イングランドの丘」の詳細

「ホテルニューアワジ」の詳細

〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷20
0799-23-2200

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ