国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

毎年夏季に開催される京の七夕まつり「元離宮二条城のプロジェクションマッピング」を見に行こう!

nijoujou.jpg3

2014年、8月に京都市内を旅行していました。この時、京都はいつもに増して賑わっていたので、何かあったのかと思ったらちょうど「京の七夕まつり」が開催中でした。
堀川と鴨川会場の催し物は全然雰囲気が変わるので、両方行ってみるのも良さそうです。野外で開催されているので、より自然を感じることができます。また新たな京都の魅力を再発見できるのではないでしょうか。

夏の訪れを感じさせる「京の七夕まつり」をそぞろ歩きしよう

nijou.jpg2
堀川と鴨川会場に分かれて開催されていますが、今回は堀川会場に行ってみます。
京友禅を育んだ地・堀川で竹と光により「京の七夕」を表現しています。

nijoujou.jpg5
地元の方々が一丸となって盛り上げています!こちらもお祭り気分になってきました。

nijou.jpg1
笹の葉に短冊がたくさん付けられていました。会場限定販売の「京の七夕絵はがき短冊」を案内所にて販売していて、願いを書いた短冊を取り付けることができます。
売上の10%は東日本大震災復興支援に役立ているとのことです、是非チャレンジしてみませんか。

nijoujou
テーマは「光の天の川」です。七夕の夜空に浮かび上がる満天の天の川を、竹を使用したアーチとLEDで再現しています。ブルーのLEDを使用して更に美しく演出。

nijou.jpg19
スタッフの方から、「二条城で期間限定のプロジェクションマッピングが開催される」と聞き、さっそく二条城へ向かいました!建築物の形状に合わせてプログラミングした映像を投影するとあって人気を集めています。(投影時間19:30~21:00)

二の丸御殿プロジェクションマッピングを観賞しよう

nijou.jpg12
19時半からだったので15分前に行き、楽しみに待っていました。すると続々と人が集まり一気にお祭りモードです。定刻の時間になるとライトが消えて始まりました~!「京の七夕」と表示されると拍手喝采。

nijou.jpg5
お城のプロジェクションマッピングを初めて見ました!なかなか見る機会がないので貴重な体験です。

nijou.jpg8
だんだんと光の数が多くなってきました。

nijou
鮮やか色合いです。

nijou.jpg10
色使いによって全く違う印象を受けます。

nijou.jpg9
終わりに近づくと一層華やかさを増します!

nijou.jpg11
まるで夏の風物詩、花火のようです。

京都を代表する大川、「鴨川」へ行こう!

nijoujou.jpg2
鴨川会場の様子。こちらは鴨川沿いに催し物が立ち並んでいます。どちらもひけを取らない豪華さです。

kamogawa
鴨川の全体はこんな感じです。川に沿ってお店が軒を連ねています。

kamogawa.jpg1
鴨川といえば納涼床です!川の上に建物を建てているので水の流れを五感で感じることができます。はしご酒を楽しめる有名スポットはマストですね!

錦市場をくまなく歩いて食べ歩きするのも京都の定番スポット

nisiki.jpg1
昼間は錦市場に行って食べ歩きをしてみませんか。ここが入口です!

nisiki
京都の食材をふんだんに使用したおばんざいや鱧が大人気です。

「錦市場」の詳細

早めに夕食を済ませて、京の七夕をゆっくりと歩いてみませんか。夜の二条城で見るプロジェクションマッピングはとてもキレイで、夏の訪れを感じさせてくれます。浴衣を着た人々も多く見受けられ、京都ならではの催し物だと思います。またライトアップされた京都市内の押小路から下長者町橋までをエリア別に通って行くので、とてもロマンチックな雰囲気です。織姫と彦星の恋物語にちなんだ構成になっているのでカップルにもオススメです。

二条城の詳細

〒604-8301 京都府京都市中京区二条城町541
075-841-0096

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ