国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

[神戸どうぶつ王国]鳥や動物が放し飼い!直接触れ合うことができる体験型動物園で大満足の楽しさ♡

doubutu.jpg18

「花と動物と人との共生パーク」をテーマとした神戸どうぶつ王国では、色とりどりの花々の下、鳥や動物たちによるショーやパフォーマンスを毎日開催、動物本来の能力や知能の高さを間近で観察することができます。これほどまで動物と触れ合える施設は見たことありません!子供から大人まで、みんな一緒になって楽しめます。広々とした敷地面積を誇り、大型の駐車場も完備していてアクセス抜群です。

「花鳥園」から「どうぶつ王国」に名前を変更しました

doubutu.jpg24
エントランス。

doubutu.jpg23
エントランスに入ってすぐのところで鷹や鷲の姿を目にすることができます。かなりの数です。こんなに種類が豊富なのは恐らくこの施設だけではないでしょうか。くまなく観察していると、タイミングよく係員の方が小屋に入って来て腕に乗せるパフォーマンスをしてくれました。両者の息の合ったコンビでお見事です!

doubutu.jpg34
「フラワーフォレスト」が目に飛び込んできました。ここでバイキングを楽しめます。花は天井からいくつも吊り下げられています。日除け効果もあってとてもユニークです。

doubutu
アルパカ。ふわふわの毛が愛くるしいです。

doubutu.jpg25
刹那もいます。ちょうど毛を刈った後だったので、頭と胴体の色が違いました笑

doubutu.jpg30
ペンギンゾーンにやって来ました。大きな敷地で飼育されています。開放感ある放し飼いで見るものを魅了します。

doubutu.jpg26
ヒトに慣れていて、カメラを向けても逃げません♪

doubutu.jpg29
色鮮やかなカモがお昼寝をしていました。可愛い。

doubutu.jpg32
イワシャコが小さなゲージに入っていました。ぷっくりとしたお腹と朱色のくちばしがキュート。

doubutu.jpg31
中国の鳥、キンケイ。放し飼いにされているので気がついたらあなたの足元に寄り添っているかもしれません、存在感抜群です。

室内にある小動物と触れ合えるゾーンが楽しい

ここでは実際に動物に触って触れ合うことができます。足元で走り回るうさぎやヤギ、カピバラにビックリ。みんな元気いっぱいです。

doubutu.jpg1
ヤギ。真っ白くて、終始の間「メ~」と鳴いています。

doubutu.jpg3
モルモット。とっても毛並みがいい。つぶらな瞳が印象的です。

doubutu.jpg4
アンゴラうさぎ。赤い目がポイントです。

doubutu.jpg12
影に隠れて動こうとしないうさぎちゃん。臆病な性格なのでそっとしてあげましょう。

doubutu.jpg5
カピバラが黙々とエサを食べています。触ると意外に硬くて、剛毛です。

doubutu.jpg6
ワンちゃんの種類も豊富です。撫でてあげると、とても嬉しそうな表情をしてくれました。

doubutu.jpg7
大人しくて人懐っこい。犬が苦手な方でも触れるくらいです。

doubutu.jpg8
猫ちゃん登場です!冷たいからか、格子から動こうとしません~笑

doubutu.jpg9
真っ白くてふわふわ。

doubutu.jpg10
こちらの猫は棚の上がお気に入りで日向ぼっこ中です。

doubutu.jpg19
マーラがたくさんいます。

doubutu.jpg36
カンガルーがぴょんぴょん飛び跳ねています。

スポンサーリンク

花と動物の見事なコラボレーションが見事

doubutu.jpg20
元々は「花鳥園」だったこの施設なので、現在も植物で溢れています。色とりどりの花でより一層華やかな演出をしてくれます。恋人の聖地サテライト”は鳥かごをモチーフにしたオブジェに、その時々の花が施されており、幻想的な雰囲気の中で記念撮影をすることができます。

doubutu.jpg21
南国の花、ハイビスカス。

doubutu.jpg22
初めて見る植物に出合いました。よく見ると花の先から中央にかけてグラデーションになっています。キレイです。

doubutu.jpg11
スイレンが水面に咲いています。凛と真っ直ぐに立つ様が美しい。また池には、サンセットプラティー、ブラックモーリー、シルバーセルフィンモーリー、グッピー、ソードテールなどの熱帯魚が泳いでおり、ごはんをあげることが出来ます。ふれあいは1カップ100円です。

カメ

doubutu.jpg15
入り口のドアに放し飼いされています。きちんと飼育員さんが常時監視しているので安心です。

doubutu.jpg14
アカアシガメ。脚に赤い部分があるのが特徴です。

doubutu.jpg13
ムツアシガメ。飼育員さんから手渡された葉をムシャムシャと食べていました。一度噛み付くと離さない凶暴な一面があると説明してくれました。ヒトを襲うことはないとおっしゃっていましたので安心しましょう。

鳥類

doubutu.jpg37
鳥類がたくさんいます。じっくり見て回ると約2時間ほどかかります。

doubutu
カラフルな色をした珍しい種類が多数います。

doubutu.jpg17
どうぶつ王国メインキャラクターのオオハシ!南国色をしています、初めて見ました。フルーツの入ったカップを持って腕を伸ばすと飛んできて腕にとまりに来るオオハシのエサやりはたいへん人気となっています。(1カップ100円)

doubutu.jpg16
オウギバト。不思議な色合いをしています。

一度に多くの鳥類や小動物、植物などに触れ合えるテーマパークで見どころがいっぱいです。大型の土産店や飲食店が入り口に密集していて賑わっています。また、植物も販売しています。パフォーマンスにも力を入れていて、毎日決められた時間帯にアルパカのお散歩タイムやオオハシとの触れ合いやカピバラの餌やりなどさまざまなアトラクションがあります。是非、時間を合わせて体験してみましょう!

どうぶつ王国の詳細

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目1−9
078-302-8899

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ