国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

高山植物が約1500種以上!高山の岩場を再現したロックガーデンで季節の花に触れよう「六甲高山植物園」

rokkou.jpg10

六甲山は、一年のうち初夏が最も緑が美しい季節を迎えます。それは、高山特有の環境で植物が生き生きと育っているからです。六甲山ならではの、広大な敷地で咲き誇る季節の花を訪ねて花めぐりをしてみませんか♪
また、六甲は言わずと知れた避暑地で、夏季は比較的涼しくて過ごしやすいという点もポイントの一つです。六甲牧場、スキー、六甲ガーデンテラスなど多くの魅力がいっぱい。
(上記写真はクリンソウ)

「植物学者 牧野富太郎博士」の指導を受ける、
わが国でとても長い歴史を誇る植物園を散策しよう!

六甲山頂付近、海抜865mにある六甲高山植物園は、北海道南部に相当する恵まれた気候を利用し、高山植物を中心に世界の寒冷地植物、六甲山自生植物などを栽培しています。
解説は昭和8年にもなり、天皇家御三家が行幸・行啓されるなど由緒ある植物園としても知られています。
kouzann
六甲高山植物園のエントランス。

kouzann.jpg2
早速、中へ入ってみます。緑豊かで空気が澄んでいます。

kouzann.jpg3
キョウガノコ(京鹿の子)です。気品あるピンク色がキレイ。

kouzann.jpg4
マツモトセンノウが咲いています。鮮やかな赤色が印象的。

kouzann.jpg5
歩きながら間近で花々を観賞することができます。

kouzann.jpg6
樹林区の全体図。各分野に分かれていて見やすいです。

kouzann.jpg7
ノリウツギ。

kouzann.jpg8
ヤマブキショウマ。意外にもバラ科です。

kouzann.jpg9
初めてみる植物が多く存在します。珍しい色です~!

kouzann.jpg10
私の好きなベニガクを発見しました!ユキノシタ科 アジサイ属。

kouzann.jpg11
プリンスブリッジを渡ると休憩所があります。この地点で約半分です。

kouzann.jpg12
橋からはコウホネやアサザの群れが眺められます。

kouzann.jpg13
スイレンの花が開花しています。緑と白の組み合わせでより一層癒やしを感じます。

rokkou.jpg2
休憩所。自動販売機が隣接しています。ここに座って景色を眺めてみると、より一層全体的に観賞できるのでオススメです!

rokkousannchou.jpg20
白色から色づき始めています。

kouzann.jpg15
茎が紫色をしていてとても神秘的です!初めて見ました。

kouzann.jpg16
ササユリ。花期は6月です。ちょうど観賞できて良かった~!

kouzann.jpg14
六甲高山植物園の注目スポット、ロックガーデンエリアにきました。

rokkou.jpg9
ニッコウキスゲ。朝開いた花は夕方にはしぼむ一日花として有名。6月上旬~7月下旬。

rokkou
花菖蒲。「花弁の根元のところに黄色い目の形の模様」があるのがポイントです!

kouzann.jpg17
湿性植物区まで来ると、もう西入口です。六甲高山植物園には西と東入口があります。ショップが近いのは西入口、カフェに近いのは東入口と覚えると便利。

rokkou.jpg4
紫陽花。

rokkou.jpg6
シチダンカ。雨の後に撮影したので少し濡れています。細部まで美しい。

周辺のスポット

kouzann.jpg1
・山小屋カフェ「エーデルワイス」
六甲高山植物園のすぐ横に隣接しているので便利です。

rokkou.jpg7
店内の様子。木の温もり溢れる空間。

rokkou.jpg8
一番人気の「いちごとベリーのソース ホットケーキ」をオーダーしました(^O^)
ふわふわのホットケーキが絶品!今まで食べた中でベスト3に入る美味しさに脱帽です。他にはパスタのランチセット、選べるケーキセットなどメニュー豊富。六甲山は各施設の中にしかほとんど飲食店がないので、行った場所で済ませておくのがベターです。

rokkou.jpg11
・六甲オルゴールミュージアム
西口から出て約徒歩3分のところにあります。英国人アーサー・H・グルームによって開発されて以来、神戸に根付いたと言い伝えられています。実際にオルゴール組み立て体験もできます。英国式の庭園、池などに囲まれた見どころ豊富なスポットとなっています。オルゴールの音色が流れるカフェも人気です!

rokkousannchou.jpg13
・六甲山天覧台
車で六甲山に行かずとも、六甲の三大夜景を楽しめて食事ができるデートスポット「六甲山天覧台」。六甲山といえば、車でしか行くことが難しいイメージがありますが、六甲山の麓からケーブルが運行しています。
天覧台には1000万ドルの夜景を一望できるカフェ「TENRAN CAFE」が向かい側にあり、神戸工場限定酒造のビールや六甲山麓のミルクと六甲山のハチミツで作るスイーツなど盛りだくさんです。

「六甲山天覧台」の詳細

六甲高山植物園の詳細

〒657-0101 兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲 灘区六甲山町北六甲4512−150
078-891-1247

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ