国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

日本で3番目に歴史が長く、都会のど真ん中でも約200種の動物たちが見れる天王寺動物園

ライオン

三大動物園の一つとされている、天王寺動物園へ訪れました。かなり広い敷地だと知人から聞いていたので楽しみです♪帰りに同じ天王寺にある新大型施設「アベノハルカス」や通天閣にも寄ってみようかな~!

約200種900点の動物たちに会いに行こう!

天王寺動物園は1915年1月1日に開園した日本で3番目に長い歴史を持つ動物園です。現在約11ヘクタールの園内におよそ200種900点の動物を飼育しています。また、都心のオアシスとして、年間120万人以上の利用者で賑わっています。

天王寺動物園では、動物の生息地の景観を可能な限り再現した上で、そこに暮らす動物の様子を紹介する「生態的展示」が人気を博しています。爬虫類生態館「アイファー」、カバやキリン、ライオンなどが暮らすアフリカサバンナゾーン、アジアゾウが暮らす熱帯雨林ゾーンなどで生態的展示を取り入れています。

tennnouji.jpg11
エントランス

tennnouji.jpg12
100周年を迎えました!さらにその歴史を刻んでいます。

tennnouji
一番人気のホッキョクグマ「モモちゃん」可愛い~!

tennnouji.jpg1
仲良く一緒に行動しています。

tennnouji.jpg2
平日は空いていて観賞しやすいです、オススメ(^O^)

tennouji.jpg4
チンパンジーがたくさんいました。

tennouji.jpg5
とても表情豊かな動物だそうです。

tennouji.jpg2
ユーカリの葉が大好物!コアラ。

tennnouji.jpg7
動物の生息地の景観を可能な限り再現した、「生態的展示」が人気です。

tennnouji.jpg15
カバは温厚なように見えて、獰猛な性格だそう。

tennouji
ヒョウの赤ちゃんが寝ていました。とてもキレイな毛並みです。

tennnouji.jpg16
アムールトラの「虎二郎」は、上海動物園から動物交流で天王寺動物園にやってきました。

tennnouji.jpg17
ライオン。

tennnouji.jpg13
花壇が多く、植物も豊かです。

tennnouji.jpg6
鳥類もたくさんいます。観覧席のギリギリに止まってくれているので間近に観賞することができました。

tennnouji.jpg3
「鳥の楽園ゾーン」にやって来ました。真っ白で一際目を引く美しい鳥がいました!

tennouji.jpg7
石段から流れる滝の演出が見事です。

tennnouji.jpg4
カモ。

tennouji.jpg1
レッサーパンダ。ふわふわの体格が愛くるしい♪

tennnouji.jpg5
ゾウ。穏やかな性格で、足を前後に動かしてダンスをしていました。

tennnouji.jpg8
サイ。存在感があります。

tennnouji.jpg9
オオカミ。終始動き回っていました。

はじめに驚いたのは敷地の広さです。たくさん歩くので歩きやすい服装で行くことをオススメします。カフェや休憩スペースが多く設置されているのでお子様にも安心。

ホッキョクグマの赤ちゃんが生まれてとても賑わっていました。真っ白で、まだおぼつかない様子がとても愛くるしい(^O^)「鳥の楽園ゾーン」は数種類の鳥が自由に飛び回っていました。とても間近で観賞できるのが嬉しい。駅から近いのでアクセスバツグンです。大型の駐車場も完備。

周辺の観光スポット

harukas04
通天閣
動物園の出口を出てすぐ。
大阪マリオット都ホテル
地上300mの日本一高い超高層ビル「あべのハルカス」に入居するラグジュアリーホテル

大阪市天王寺動物園の詳細

〒543-0063 大阪府大阪市 天王寺区茶臼山町1−108
06-6771-8401

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ