国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

[日本三名園]金沢に訪れる際には絶対に外せない大名庭園「兼六園」

金沢駅

2015年3月14日に開業した北陸新幹線で北陸への旅がより身近になりました!北陸新幹線用新型所領W7系。
列車名は、最速タイプが「かがやき」、停車タイプが「はくたか」、金沢~富山間のシャトルタイプが「つるぎ」、東京~長野間が「あさま」となっている。東京~金沢間最速2時間28分!車両の随所に「和」のテイストで表現されています。全座席に電源コンセントを設置しているのが便利。金沢には日本情緒あふれる町並みや建物、庭園など観光スポットであふれています。

新しくなった金沢駅は、自然豊かで明るいイメージ

kanazawa1.jpg6
駅に居るとは思えない程、天井が高くて広々としていています。

兼六園とは?

兼六園は加賀藩の歴代藩主が長い年月をかけて造成した庭であり、江戸時代の大名庭園の代表格といえます。その庭園美は、水戸の偕楽園、岡山の後楽園と並ぶ、日本三名園の一つに数えられる。金沢市の中央部に位置し、四季折々の美しさを楽しめる庭園として、多くの県民や世界各国の観光客に親しまれています。

金沢といえば、日本三名園のひとつである兼六園ははずせない!

kanazawa1.jpg7
霞ヶ池に映った姿が美しい。特別名勝の兼六園は、加賀藩の藩主・前田家が心血を注いで完成させた庭園。加賀百万石の財力によって生み出された大名庭園は圧巻の一言に尽きます。

kanazawa1.jpg4
見る角度によって、見え方が異なるのも楽しさのひとつです。

kanazawa1.jpg5
フランスの著名なガイドブックに掲載され、最高の三ツ星にランクインしました。

kanazawa1.jpg8
唐崎松(からさきのまつ)は横幅のスケールが広くて見事!

兼六園の敷地にある茶屋でひとやすみ

kanazawa1.jpg10
霞ヶ池のほとりに建つ老舗茶屋「内橋亭」

kanazawa1.jpg11
座敷からは、一幅の絵画のような池の景色が広がる。

kanazawa1.jpg14
靴を脱いでゆっくりと寛げるのでオススメ。

kanazawa1.jpg13
名物の「あんころ」と抹茶のセット400円。

随身坂口を南に下ると金澤神社があります

kanazawa1.jpg17
幾重にもなった鳥居を発見しました。

kanazawa1.jpg18
神社があるなんて予想もしていなかったので驚きです。

kanazawa1.jpg16
緑豊かで散策していて癒されます。

kanazawa1.jpg19
紅葉の時期に訪れました。もみじが一斉に色づいていました。

今回、初めて兼六園に訪れました。美しい庭園を散策しながら、見事な枝振りの松や池をみる事ができてとても良かったです!広々とした敷地には池や滝が巧みに配され、雅な景観を創出しています。また、茶屋もあるので休憩をしながら、ゆっくりと散策ができるので半日かけて楽しめるスポットだと思います。定期に無料開園やライトアップも開催しているのも見所の一つとなっています。

周辺の観光スポット

file22
・「金沢21世紀美術館」
「まちに開かれた公園のような美術館」を建築コンセプトに、だれでも立ち寄れるガラス張りの円形美術館。特に人気なのが、プールを介して地上と地下で人と人が出会うことができる作品です。21世紀美術館はこちらから

kanazawa.jpg2
・「ひがし茶屋街」
卯辰山山麓を流れる浅野川の川岸には、今でもキムスコ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並みが残り、昔の面影をとどめています。灯ともし頃にもなれば、今でも軒灯がともる茶屋から三味線や太鼓の音がこぼれてきます。ひがし茶屋街はこちらから

兼六園の詳細

〒920-0936 石川県金沢市兼六町1
076-234-3800

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ