国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

数奇屋造りの純和風部屋が魅力的!上質な空間に漂う風格「星野リゾート 界 熱海」

熱海

古くから一大観光地・温泉地として愛されてきたエリア。海に面した山の斜面にリゾートホテルや旅館が林立しています。
今回は江戸時代創業の老舗・蓬莱旅館の格式や風情を受け継ぎつつ、新たな魅力で進化している「星野リゾート 界 熱海」に宿泊してみました。

新旧の魅力を併せもつ温泉リゾート熱海

kai-a.jpg2
重厚な門をくぐれば風格あふれる玄関・ロビーが迎えてくれます。

kai-a.jpg3
モダンで洗練された静かな空間です。

kai-a.jpg4
庭の草木が美しく映えるラウンジ。

和心地に包まれた快適な客室

kai-a.jpg5
伊豆山の斜面に建つ界熱海のお部屋のタイプは4つ。季節の移ろいを施した美しい日本間で、心地よい畳に身をゆだねて寛げます。
楠の木々越しに相模湾を望む純和風の造り。

kai.jpg3
部屋には檜風呂があり、好きな時に入れます。

kai-a.jpg7
室内からは緑が一面に見渡せます。

kai-a.jpg6
ここで木漏れ日を感じながらお茶を頂きます(^O^)まさしく至福のひとときです。

スポンサーリンク

源泉をかけ流す二つの湯殿で非日常の空間に酔いしれる

kai-a
伊豆山温泉の象徴「走り湯」は約1300年前の奈良時代の発見と伝えられ、有馬・道後と並んで日本三大古泉のひとつとして数えられています。「伊豆の国山の南に出づる湯の早きは神のしるしなりけり」と源実朝が詠んだように、 明治以前は伊豆山神社の神湯として信仰されていました。走り湯は泉質に恵まれ、古くから病を治し長寿に効験があるとされ、今も昔も人々に親しまれています。
・「古々比の瀧」
建築家・隈研吾氏デザインのモダンな露天風呂。湯船につかると目の前に木々が、その向こうに太平洋が広がり、森の中に浮遊しているようです。開放感と非日常感溢れる湯殿です。
入浴時間 15:00~23:00→男湯 / 6:00~11:30→女湯。

目と舌で楽しむ季節の会席料理に舌鼓を打つ

kaia
先付け、八寸

kai-a.jpg9
お椀 松茸の土瓶蒸し

kai-a.jpg10
お造り

kai-a.jpg11
鶏と根菜とフォアグラの東寺揚げ

kai-a.jpg13
金目鯛とアサリの白ワイン蒸し

kai-a.jpg12
ご飯とお味噌汁
釜で焚いたご飯は一つ一つに艶があります。美味しい♡

kai-a.jpg14
デザート

初めて「星野リゾート界 熱海」に訪れました。
熱海駅の高台に位置していて、非日常を感じることができます!部屋からは海の波音や雄大な森林を眺めることができ、木の香りが漂います♡部屋にある檜風呂もオシャレなんです。また、部屋から徒歩7分程のところにある二つの大浴場が見所です。大きな木が館内を突き抜けており、自然を感じます。雲海テラスにはフリードリンクや展望スペースがあり、熱海の街並みを一望できます。ほっとするとても素敵な宿でした♡

オススメの熱海観光情報

kai-a.jpg1
熱海海上花火大会は、夏だけでなく、1年を通じて開催されています。
「伊豆山温泉花火大会」を館内の別館ガーデンにて寛ぎながら優雅に楽しむこともできます。他にも 灯ろうと篝火で幻想的に演出された「多賀海上花火大会」や網代港のグルメが楽しめる「網代温泉海上花火大会」など、特徴的な花火大会が熱海の夜空を彩ります。

「星野リゾート界 熱海」と隣接している別館「ヴィラ・デル・ソル」

kaia.jpg1
降りそそぐ陽光と潮風に包まれた太陽の館。大蛤や伊勢海老、鮑など、港に揚がる魚介をシェフ自ら選びに行き、メニューを決める。ひらめきのフレンチは海のエッセンスが凝縮されています。
kaia.jpg2
別館「ヴィラ・デル・ソル」

「星野リゾート 界 熱海」の詳細

〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山750−6
050-3786-0099

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ