国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

[三大古泉]3000年以上の歴史を誇る日本最古の温泉「道後温泉本館」

dougo-samnail

松山といえば「道後温泉本館」ははずせないスポットです!改築120周年で益々人気の温泉街となっています。大きく分けて「神の湯」と「霊の湯(たまのゆ)」があります。
霊の湯は天皇の随身用に造られた特別湯。神の湯に比べると少々小さめですが、浴室に大理石を使うなど落ち着いた高級感が漂います。また、料金を多めに支払うので利用者が少なく、のんびりと温泉を楽しみたい方にオススメです!ちなみに夏目漱石にちなんだ「坊っちゃん泳ぐべからず」の木札は男湯にあります。

日本最古の歴史を誇る、四国を代表する温泉街

アルカリ性単純泉の湯質は、きめ細やかな日本人の肌にピッタリのなめらかなお湯で、湯治や美容に適しています。聖徳太子から夏目漱石、正岡子規など多くの文人墨客(ぶんじんぼっかく)が訪れ、源泉29本のうち、現在でも19本が愛媛県に登録されています。このうち1本は施設老朽化のため休止していますが、残りの18本で温泉を汲み上げています。泉温は最も低いもので20℃、最も高いもので55℃程度です。また、各源泉から地中に埋設した送湯管で、4ヶ所の分湯場に集めたお湯を、道後温泉本館・椿の湯、周辺のホテル・旅館へ配湯しています。

日帰り可能な「道後温泉本館」では入浴方法を選ぼう

dou
館内や外観などさまざまなところにアートが施されており、入浴コースは全部で4種類あります。あまり知られていないので確認して自分に合った入浴コースを選びましょう!
・「神の湯階下」…神の湯の入浴のみ410円。
・「神の湯二階席」…「神の湯階下」に休憩室、貸しゆかた、お茶・せんべいのサービスが付くととなり、840円。
私はこの度、初めての道後温泉だったので「神の湯階下」だけ入浴しました。次回は休憩室でゆっくりと寛いでみたいと思いました(^^)宿泊もできます!

dou.jpg1
・「霊の湯二階席」…神の湯に加えて霊の湯も入浴可能。休憩室、貸しゆかた、貸しタオル、お茶・せんべいのサービス付きで1250円。
・「霊の湯三階個室」…「霊の湯二階席」のせんべいが坊っちゃん団子に変更となり1550円。

道後温泉本館の外観にも注目!

dougo1
石鹸やシャンプーなどは設置されていないので持参しましょう。みかん石鹸や道後温泉本館の土産もここで購入できます。

dougo
風情を残す、素晴らしき三層楼建築です!

dou.jpg3
道後温泉本館の北側には大きな道路があり、宿がたくさん隣接しています!湯巡りに最適です。

道後温泉本館の周辺には見所がたくさん

dougo1.jpg2
人力車も利用してみたい~(^O^)

dougo1.jpg3
路面店がたくさん立ち並んでいます。ここで道後サイダーを購入しました。

dougo1.jpg5
魚で巻いた一品。美味しい♪

dougo1.jpg4
人気の一六タルト店「ハタダ」はいつも大勢の観光客で賑わっています。お土産に喜ばれること間違いなしです♡

dougo1.jpg10
道後温泉駅周辺には駐車場や道後公園もあります。

dougo1.jpg6
レトロな雰囲気が漂う道後温泉駅。

道後温泉本館以外にも温泉あり!温泉はしごをしよう

dougo1.jpg8
放生園の足湯は6~23時まで無料開放されています。いつも多くの観光客で賑わっています。

dougo1.jpg12
「道後温泉椿の湯」。ハイカラ通りからすぐの立地。こちらの温泉も良さそう~♪

「ハイカラ通り」を散歩してみよう

dougo1.jpg7
「道後ハイカラ通り」の入り口。食事処や土産店、カフェなど約60店舗が集結しています。

dougo.jpg3
オシャレなカフェがたくさん並んでいます。「道後の町家」でランチします~!

dougo.jpg4
大正時代の京風町家を改装したカフェ。

dougo.jpg2
体に優しい無添加の手作りパンやケーキはお持ち帰りもできます。

dougo.jpg5
目を引くオブジェが印象的なカフェ「なも」。

dougo.jpg1
道後を代表するのイタリアン店。

dougo.jpg6
テラス席もあり、道後の街並みが一望できます。

オススメの宿泊施設

yumekura.jpg11
・「道後夢蔵 旅庵浪六」
瀬戸内海の海の幸を満喫できる人気宿。一品一品、手の込んだ繊細な料理が頂けて、寛ぎのひとときを過ごせます。

「道後夢蔵 旅庵浪六」の詳細

ハイカラ通りや道後温泉駅周辺には飲食店が多く立ち並んでいます。はしご酒にはもってこいの品揃えには脱帽です!浴衣を着てそぞろ歩きを楽しんでみませんか。また、国の重要文化財である伊佐庭神社は日本三大八幡造の一つとされていますので、見事な朱塗りの社殿を観察するのもオススメです。

道後温泉街の詳細

〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5−6

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ