国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

コンセプトは泊まれる本屋!秘密基地のような空間で好きなことに没頭しよう「BOOK AND BED TOKYO IN 京都」

bed.jpg36

ふかふかなマットレスも無ければ、低反発の枕も無ければ、軽く暖かな羽毛の布団も無い。最高な環境での良い寝心地は、ここにはありません。
あるのは読書をしてたらいつの間にか夜中2時になってて、もうあとちょっとだけってまぶたが重くてたまんない中も読み続けてたら、いつの間にか寝てしまった。
そんな、誰もが一度は経験した事があるであろう最高に幸せな「寝る瞬間」の体験です。

「BOOK AND BED TOKYO IN 京都」

bed
京阪「祇園四条駅」7番出口徒歩1分、かもがわビルの9階へ。扉を開けると非日常空間のはじまりです。

bed.jpg32
ベルを鳴らして受付をします。ドリンクメニューが掲載されています。

bed.jpg1
ベルの下部にはオリジナルグッズがずらり。快適を追求したものばかりが揃っています。店舗によってグッズが異なるデザインなのも面白い。

時を忘れて童心にもどろう!あなただけのコンフォートタイム

bed.jpg12
本が至るところに溢れています!天井にだってほらこのとおり(^^)

bed.jpg3
2階建てのベットと兼用になった本棚。青いカーテンを閉めれば個室空間へチェンジ。

bed.jpg11
2階部屋のアップ。木の温かみを感じます。

bed.jpg4
このように縦長になっています。いわゆるカプセルホテルの構造となっています。

bed.jpg8
間接照明なのでゆったりとした雰囲気を感じることができます。

bed.jpg14
通路の先には共同で使える電子レンジ、湯沸かしポット、ゴミ箱などがあります。

bed.jpg27
宿泊者専用のスリッパ。靴はここに置きます。トランクケースや大きな荷物もここに収納。

こんなところにも!本棚に展示してある販売可能なお役立ちグッズ

bed.jpg6
A4サイズが楽に収納できる大型エコバック。京都のお土産を買いすぎてしまった方、いかがですか。荷物の少なめの1泊旅行にも使える大きさ。

bed.jpg7
縦長でスマートなエコバック。カバンをあまり持ちたくない男性の方々、必見です。

bed.jpg5
タグに「BOOK AND BED TOKYO」のロゴが入った、抜かりない浴衣。丈が膝下まであります。帯付き。色は白と紺の2種類。

共有スペースの青いソファーには鴨川や南座が一望できる数々の窓

bed.jpg10
窓からは日の光が差し込んできて、一日の時を感じることができます。朝には朝日、夕方には夕日。自然っていいですね♡

bed.jpg9
四条大橋のかかる鴨川。いつも歩く道も上方から見るとまた違った風景に見えてきます。

bed.jpg15
2018年1月下旬に泊まりました。南座の修復工事期間でした。

スポンサーリンク

必要最低限なものを完備した共同スペース

bed.jpg2
電子レンジ、湯沸かし器、コーヒーマシーン(受付で専用カップを購入)、トースター、ティッシュなど。

bed.jpg17
男女共同の洗面台。まるで小学校時代を思い出すような横長のデザイン。液体タイプの手洗い石鹸があります。歯磨きはここでどうぞ。

bed.jpg18
トイレ。男女共同ですが、女性専用もあります。ありがたいサービスです。

bed.jpg30
シャワールーム。大きな鏡とシャワー、小さいですが湯船もあります。シャワールームも女性専用があります。ドライヤーは深夜12時まで使用できます。時間を過ぎると回収されて使えないので注意が必要です。

17時以降は宿泊者専用タイム!最大5000冊ある本を満喫しよう

bed.jpg23
13:00~17:00は一般の方も利用できます。宿泊者のチェックインは16時から可能。フリータイム(Daytime営業時間内):¥1,500-(税抜)

bed.jpg22
本棚のすぐ横に共同スペースのソファがあるので本を選ぶのに便利。ここで好きなだけ読むもよし、自分の部屋で読むもよし♡おおまかにジャンルで分別されていますがいろんな場所に本が並べられています。詠んだ本は元あった場所に戻しましょう。

bed.jpg24
夜の四条通り。お正月だったこともありとても活気があります。そろそろ夜ご飯食べに外出しようかな。歩いて5分のところにコンビニや飲食店があり不自由しません。

好きな時に自由に眠り、好きな時に本を読む。究極の自分時計を刻もう

bed.jpg25
私は2階建ての一番上。10番のお部屋です。左側にはチェックインの際にレンタルしたバスタオル1枚、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシのセット(有料)。このエコバックは持ち帰りできます。受付時に耳栓を頂きました。物音が気になる方は装着すると少し軽減されます。

bed.jpg26
シーツ2枚、枕カバー1枚は宿泊料金に含まれています。チェックアウトの際に各自専用のリネンボックスへ返却します。客室には鍵付きのセーフティボックスやコンセント、ブックライトがあります。おやすみなさい~☆

周辺にはいろんなお店が集結!祇園四条を散策しよう

bed.jpg21
11時チェックアウト。前払い制なので混み合うこともありません。支払いはキャッシュ不可。ICカード、キャッシュカードのみとなっています。身分証も必要。

bed.jpg19
エレベーターで1階へ。ビルにはたくさんお店があります。このビル内で食事を済ませることもできる充実さが凄い。

bed.jpg20
ビルの外観。すぐ横には喫茶店、ラーメン「天下一品」などがあります。

2018年1月現在、池袋、浅草、福岡、京都と4店舗ある「BOOK AND BED TOKYO 」に初めて訪れました。去年からずっと行ってみたかったので楽しみにしていましたが、思った通りの空間でした!ぬくもり溢れる木製の本棚、2階建てのベットルームなど。ここには秘密基地のようなユーモアがたくさんつまっています。友人同士で訪れるもよし、一人で思いのままに過ごすのもよし。私のオススメは早朝に起きて朝日を眺めてから、徒歩20分ほどのところにある八坂神社に参拝に行くことです。朝6時や7時は地元の人しか歩いていませんのでかなり閑散としています。ゆっくりと京都観光をしてみませんか。

周辺のおすすめグルメスポット

bed.jpg28
・NYの移民たちが作ったようなビストロをイメージ「in the soup」
同じフロアにある大人気のビストロ店。食事しようなかな~と思ったら正月休みでした。

bed.jpg29
京都の街並を眺められる大きな窓側席やテーブル、カウンター。

bed.jpg33
ホームページで検索してみました。店名に由来する「スープと出汁にこだわる」料理とのこと。美味しそう♡次回祇園に来た時に行ってみたいな。

bed.jpg34
18時~深夜2時まで営業しているので、早めの時間の飲み会、 お仕事帰りにさくっと1杯から深夜0時スタートの宴会もOK!

bed.jpg35
・テラス席で飲むお酒は最高の贅沢「in the moon」
「in the soup」の1つ上の階には京都の街並を眺められるお店もあります。ハシゴして楽しむのもいいですね。

京都のおすすめ観光スポット

nisiki.jpg7_
・400年の歴史をもつ「錦市場」京野菜などの専門店が約130軒並ぶ市場で食べ歩こう!
記事はこちらから

清水寺
・京都旅行で必ず行っておきたいスポットを1泊2日プランにしてみました!
記事はこちらから

「BOOK AND BED TOKYO 京都」の詳細

〒605-0075 京都府京都市東山区中之町(四条通)200

http://bookandbedtokyo.com/kyoto/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ