国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

どこまでも広がる自然と広大な遺跡群の融合が見事!ローマ発展の中心地「フォロ・ロマーノ」

foro.jpg20

ローマ帝国の政治・宗教の中心地だった「フォロ」。フォロとは公共広場のこと。ローマ共和国の集会や裁判、政治討論の場として利用されました。遺跡群の間を歩きながら権威あるローマ市民の歴史に思いを馳せてみませんか。

エルサレム攻囲戦等での戦功を称号「ティトゥスの凱旋門」

foro.jpg19
コロッセオから歩いて3分。フォロ・ロマーノに到着しました!もっと離れているかと思ったらとても近かったです。凱旋門を抜けると料金所があります。
ローマパスを使って優待レーンから楽々入場しました。ローマパスは必須アイテムです(^^)セキュリティ検査があります。できるだけ軽装で行くとスムーズ。

フォロを貫く最も重要な通り「聖なる道」

foro.jpg1
宗教的な行列や凱旋行進が行われていました。凸凹した道もあるので気を付けて歩きましょう。Y字に分かれており、どちらからでも散策できます。右側から行ってみます。

集会や裁判の会場「マクセンティウス帝のバジリカ」

foro.jpg2
右側に見えるアーチ状の建物が「マクセンティウス帝のバジリカ」。紀元306年にマクセンティウス帝が着手し、コンスタンティヌス帝により完成。ローマ帝国有数の巨大建築。

foro.jpg3
広大な敷地を誇るフォロ・ロマーノには日陰がほぼないので帽子やサングラスは必須。また、売店もないので飲み物を必ず持参しましょう。

foro.jpg6
どんどん高台へ上って行きます。自然豊かで美しい。

foro.jpg7
ローマの街並が一望できます。

foro.jpg8
隣接する「パラティーノの丘」からフォロ・ロマーノを一望できるビューポイントがあります。今回は時間がないのでフォロ・ロマーノのみを散策します。

foro.jpg9
フォロ・ロマーノはローマ帝国の衰亡とともに、大火やゲルマン人の侵略などで荒廃が進んだと言われています。建材発掘は現在も続いています。

神殿内部に位置する「ウェスタの巫女の家」

foro.jpg10
聖なる火を守る巫女たちの住居。主要時間は約1時間くらいあれば十分。

foro.jpg11
赤れんがの隅から野生のホワイトレースが咲いていました。植物の生命力は凄いですね。

foro.jpg12
いろんなものが存在した形跡を感じることができます。

foro.jpg13
右手に見えるのが「パラティーノの丘」です。フォロ・ロマーノとコロッセオとの共通券で入場できます。

コロッセオを観光した後、向かい側にフォロ・ロマーノが見えていたので合わせて散策しました。どこまでも広がる自然と広大な遺跡群が見事に融合しており、見るもの全てに新鮮と驚きを感じました。古代ローマ発展の中心地にふさわしい風格があります。

周辺の観光スポット

colosseo
・イタリアを代表する観光名所といえばコロッセオ!円形闘技場ならではの風格が見事なんです
記事はこちらから

terumini6
・イタリアに行く前にチェック!必ず利用する「フィウミチーノ空港」と「テルミニ駅」が便利
記事はこちらから

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ