国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

知らなきゃ損!ドゥオモやフィレンツェの街並みを楽しむなら地上95メートルのアルノルフォの塔がある「ヴェッキオ宮殿」

firenthi.jpg17

シニョーリア広場にあるヴェッキオ宮殿。赤茶けた屋根の続くフィレンツェの街並みや、迫力のあるドゥオモ、それにアルノ川や晴れていれば遠くにそびえる山々までもを見通すことが知る人ぞ知る名スポットなんです。また、アルノルフォの塔は夏季には夜も上ることができ、素晴らしい夜景を楽しめます。

現在もフィレンツェ市庁舎として利用される「ヴェッキオ宮殿」

firenthi.jpg1
ミケランジェロの銅像が入口にあります。

firenthi.jpg2
反対側にも。早速中に入ってみます。

firenthi.jpg3
1299年から1314年にかけてアルノルフォ・ディ・カンビオによって建設。歩きやすい靴がオススメ。

firenthi.jpg4
大人は€10、18歳-25歳は€8。(塔と宮殿両方を見る場合 大人は€14、18歳-25歳は€12)

firenthi.jpg5
チケットを購入しようとしたら長蛇の列でした。かれこれ40分は待ちました。長~い。。
まずは壁画や貴重な美術品の数々を観賞します。写真撮影不可なのでお見せできないのが残念です。監視員が至るところに常駐しており厳重。

スポンサーリンク

塔からフィレンツェ市街を一望

firenthi.jpg7
楽しみにしていた塔を見学していきます。かなり長い階段が続きます。アルノルフォの塔はその昔、「祖国の父」コジモ・デ・メディチや、殉教者サヴォナローラが監禁されていたことでも有名。そのため塔の内部は容易に脱出できないような作りになっています。

firenthi.jpg12
歩くこと約10分。頂上に到着しました。監視員さんもいます。

firenthi.jpg10
まだ上に上がる階段がありますが、立入禁止になっているのでここまで。かなりしっかりとしたつくりです。

firenthi.jpg8
ドゥオモが見えました!!どこまでも続く赤レンガの街並が一望できます。

firenthi.jpg11
写真スポットになっています。記念撮影はこちらでどうぞ(^^)

firenthi.jpg13
晴れていたので山々もばっちり。

firenthi.jpg18
一周をグルっと移動してもどこまでもこの絶景。

firenthi.jpg6
帰りは階段を降りて行くので足元が軽い。ここは大人1人が通るのがやっと。入場規制をしていますが、行きの人と階段内ですれ違う際には立ち止まって譲り合いです。

firenthi.jpg15
平面な地上に着きました。この通路を歩いているだけでも風格を感じます。

firenthi.jpg14
地上95メートルの高さにあるアルノルフォの塔はかなり高いです。高所恐怖症の方は覗かない方がいいと思います。

firenthi.jpg16
外に出ると一般の方による生演奏が聴こえてきました。イタリアの国民歌かな~心地よい♡

周辺の観光スポット

torebi
・ローマにある最も巨大なバロック時代の人工の泉「トレビの泉」
記事はこちらから

napori.jpg1
・「ナポリの景色を見てから死ね」と言われる世界三大夜景をサンテルモ城から眺めよう
記事はこちらから

初めて訪れたフィレンツェは見るもの全てが美しくて感動の連続でした。ドゥオモに行こうと思ったのですが、一般チケットを求める観光客の多さに驚愕しました。おそらく1時間以上並ぶだろうと予測できたので今回は断念しました。予約することをオススメします。フィレンツェの街並を一望できる「ヴェッキオ宮殿」は美術品観賞もできてとてもよかったです。空いているのは9時~10時頃。観光スポットが多いので早い時間から散策すると効率よくまわれます。

ヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)の詳細

Palazzo Vecchio
Piazza della Signoria, 50122 Firenze FI, イタリア
9:00-19:00

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ