国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

天然の洞窟に囲まれた温泉に驚愕!カメに乗って竜宮城へ向かう船旅「ホテル浦島」

urasima.jpg29

那智勝浦は本州最南端に位置し、目の前を黒潮が流れるエリア。古くから続く捕鯨文化や海の生き物たちを身近に感じられるスポットが特徴です。名物湯が多いので温泉巡りも楽しめます。

ホテル浦島の送迎船で直行!浦島丸に乗ろう

urasima.jpg20
那智勝浦港 観光桟橋よりホテル浦島行きの船に乗ります。かわいい亀型♡

本館~山上館の4館で3000人を収容するビックホテル

urasima.jpg19
ホテルに到着しました!赤い鳥居に亀の銅像がたくさん。まるで竜宮城に来たみたいです。

urasima.jpg2
エスカレーター「スペースウォーカー」にのって山上館を目指します。もちろんエレベーターでも行けます。

urasima.jpg11
本館から山上館まで続く全長154mのエスカレーターの模型。かなり長くてどんどん高くなっていくのが分かります。

urasima.jpg4
山上館のフロント。浴衣の替えやタオルなどがあります。

館内で湯巡り!男女別に計12の浴場

urasima.jpg28
勝浦温泉には、200本以上の泉源があり、その湧出量は毎分2万千リットルに達しております。このホテル浦島にも、12の源泉があり、摂氏50度の硫黄分を含む、極めて濃度の高い温泉で、常に豊富な湯量が湧き出ています。

荒波が打寄せる音と岩肌せまる神秘的な洞窟温泉「玄武洞」

urasima.jpg3
ありのままの自然を体験できる天然洞窟風呂。“忘帰洞”と同じ洞窟温泉で大自然が創りだした神秘的な温泉に入ると心も洗われます。

urasima.jpg22
営業時間 5:00〜12:00/16:00~23:00

スポンサーリンク

大自然が生み出した雄大な造形物大洞窟風呂「忘帰洞」

urasima.jpg24
忘帰洞
紀州藩主の徳川頼倫公に「帰るのを忘れさせるほど」と誉めて名付けられました。於泥岩層の破砕帯が熊野灘の荒い風波に浸食された間口25メートル・奥行50メートル・高さ15メートルの天然洞窟です。

urasima.jpg25
他の温泉地では味わう事が出来ない大洞窟の迫力と、荒波せまる太平洋の景色が一面に広がります。営業時間 5:00〜10:00/13:00~23:00 ※午前と午後で男女入れ替え制。

夜食に最適!館内にある居酒屋が大充実

urasima.jpg5
お風呂も済ませ、ちょっと小腹がすいたな~と思っていたら遅くまで開いている居酒屋を発見しました。貴重な梅酒をオーダー。

urasima.jpg10
お通しで乾杯(^^)

urasima.jpg7
トマトと生ハムのサラダ。

urasima.jpg6
地元でとれた鮮魚の海鮮丼。脂がのってておいしい!

urasima.jpg8
シメはさっぱりした湯豆腐。

洋食、和食約30種類の豊富なビュッフェスタイルの朝食

urasima.jpg9
朝から新鮮なマグロやイカなどのお刺身、オーダーを受けてから作ってくれるふわふわオムレツなどよりどりみどりです。

狼煙山半島の散歩道を散策「狼煙山遊園」

urasima.jpg12
ホテル浦島の山上館にある園内には、浦島稲荷神社、展望台があり、狼煙山からは360度の大パノラマが広がっています。

浦島稲荷神社で願掛け!

urasima.jpg14
多数の神社が祀られており、ここ、浦島稲荷神社は館内でも大きな神社のひとつ。おみくじやお守りもあります。

urasima.jpg16
季節の植物も鑑賞できます。

展望台から眺める360度の景色

urasima.jpg15
狼煙山遊園. 山上館の建っている狼煙山は、昔漁師の見張り番が鯨を見つけたときや、幕末に熊野灘を航行する黒船を発見した時、 のろしを上げて急を告げたことからこの名前がつけられたと言われています。

urasima.jpg18
展望台からは、紀の松島が一望できます。また天気の良い日は那智の滝を見ることも!

urasima.jpg17
海抜約80mの展望台からは熊野の山々をバックにした 町並みと太平洋の、360度の大パノラマが広がります。

オススメの観光スポット

nati
・日本三名瀑のひとつに数えられる落差133mの大滝「那智の滝」
記事はこちらから

adventure.jpg32
・白浜に来たら絶対に見ておきたい「アドベンチャーワールド」のイルカショー
記事はこちらから

ホテル名物の洞窟温泉がとにかく凄かったです。朝・夕方・夜と3回に分けて景色と温泉を堪能してのんびりとしたくなるホテルです。那智勝浦は那智山、熊野那智大社や那智の滝など見どころいっぱい。

「ホテル浦島」の詳細

〒649-5334 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165−2
0735-52-1011

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ