国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

直島で一泊するならここ!直島で一番海に近い場所にある「直島ふるさと海の家つつじ荘」

tutuji.jpg11

直島にはあちこちにカフェや島のごちそうが味わえる食事処が点在しています。
観光本に掲載していないお店もあるので、効率よく把握するには宮浦港で配布しているパンフレットを見て決めるのがオススメ。また、ランチのみや夕方で閉まるお店が多いので気をつけましょう。古民家を改装したカフェや手打ちうどんなどジャンルはさまざまです。

宿泊はもちろん、カフェとしても営業している「つつじ荘」

tutuji.jpg1
1992年、建築家の石井和紘氏の設計で建てられました。コンセプトは直島町民と直島に帰郷した人にとって、ふるさとの豊かさを体験しながら休養出来る施設。

tutuji.jpg4
つつじ荘からは瀬戸内海が一望できます!目の前には美しい海と島々、穏やかな瀬戸内の風景が辺り一面に広がっています。

tutuji.jpg9
直島時間に身をゆだね、特別なひとときを過ごすことができます。きれーい♡

スポンサーリンク

瀬戸内海を眺めながらランチタイム

tutuji
カフェは全て木製でぬくもり溢れる空間。

tutuji.jpg10
充実したメニュー表。どれにしようかな(^^)
11:00-15:00、土日祝 11:00-16:00(定休日月曜日)

tutuji.jpg7
開放感抜群のテラス席もあります。

tutuji.jpg6
キーマカレーをオーダーしました。コクのあるルーは素朴な美味しさ。

tutuji.jpg5
室内にはテーブル席もあります。団体でも大丈夫。

tutuji.jpg8
直島で造られたグッズがたくさん。ここでしか販売されていない物もあるので要チェックです。

tutuji.jpg2
外観の様子。たくさんの石像があります。

周辺の様子

tutuji.jpg3
青い看板があるところがバス停です。繁忙期にはいっぱいで乗れないこともありますので早めに並んでおくのがベストです。(町営バスは1時間に1~2本)

オススメの観光スポット

ando.jpg11
・「ベネッセハウスミュージアム」
「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。瀬戸内海を望む高台に建ち、大きな開口部から島の自然を内部へと導き入れる構造の建物は、安藤忠雄の設計によるものです。 絵画、彫刻、写真、インスタレーションなどの収蔵作品の展示に加え、アーティストたちがその場所のために制作したサイトスペシフィック・ワークが恒久設置されています。

ando.jpg9
・アートによる街づくりで知られる直島がすごい!安藤忠雄氏による「ANDO MUSEUM」
記事はこちらから

ando.jpg10
・007赤い刺青の男記念館
世界中に多数のファンがいる007(ダブルオーセブン)が活躍する小説「赤い刺青の男」に直島が実名で登場することを記念し、映画化実現へのムーブメントとして、町内ボランティア有志が町内外の協力を得て造り上げた007関連資料展示スペース。
【開館時間】9:00~17:00
記事はこちらから

どこでランチをしようかな~と思っていた際に宮浦港で頂いたパンフレットを見て「つつじ荘」に決めました。私はレンタサイクルではなく、バス移動だったのでバス停の近くのお店に限って検索しましたが、次回は主要時間を一日に決めてレンタサイクルにチャレンジしてみたいな。

「直島ふるさと海の家つつじ荘」の詳細

〒761-3110 香川県香川郡直島町352−1
087-892-2838

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ