国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

007ワールド全開!心臓オブジェと記念撮影もできる、直島発「赤い刺青の男記念館」

007.jpg8

世界中に多数のファンがいる007(ダブルオーセブン)が活躍する小説「赤い刺青の男」に直島が実名で登場することを記念し、映画化実現へのムーブメントとして、町内ボランティア有志が町内外の協力を得て造り上げた007関連資料展示スペース。直島に来たなら必ず立ち寄りたいミュージアムです!

「赤い刺青の男」に登場するカラフルなミュージアム

007.jpg1
宮浦港から徒歩10分ほど。民家をさまよいながらやって来ました。普通の一軒家を改築しています。

007.jpg2
焼きそばなどの軽食が頂けます。雑貨も販売中。

ユニオンジャックの敷居をくぐれば007ワールド突入

007.jpg3
いざ入館。赤を基調とした館内には至るところに007関連のお宝グッズが揃っています。

ando.jpg10
007「赤い刺青の男」記念館は、007小説の舞台として登場した島という事実を観光客をはじめとする来島者に紹介するために建てられた施設です。

スポンサーリンク

007.jpg4
ダニエル・クレイグのサインが書かれています。ファンにはたまりませんね♡

007.jpg5
照明やインテリアにもこだわっています。

007.jpg6
コレクターアイテムもたくさん。

007
作中に登場する心臓を模したオブジェ<傷心>を実際に制作、展示し、来館者が楽しめるように心臓内部を覗いたり、ビー玉を投入して作品を完成させる過程に参加できるような趣向が凝らされている。また、一緒の写真撮影もできます。

おすすめの観光スポット

ando.jpg9
・アートによる街づくりで知られる直島がすごい!安藤忠雄氏による「ANDO MUSEUM」
記事はこちらから

ando.jpg12
・宮浦港緑地にある「赤かぼちゃ」
2006年、草間彌生によるアート作品。実は中は空洞になっていて入ることができます。

隠れ基地のようなこのミュージアムは色合いや造りがとてもユニーク!ワクワクしっぱなしで童心に戻れました。007の映画関連アイテムもたくさん揃っています。直島に来たら立ち寄ってみませんか。

007「赤い刺青の男」記念館の詳細

名称:007「赤い刺青の男」記念館
所在地:直島町宮ノ浦2310(宮ノ浦港より徒歩1分)
〒761-3110 香川県香川郡直島町2294
展示内容:小説「赤い刺青の男」のストーリー紹介、小説の世界の007の紹介、歴代作者紹介、004小説本展示、その他007に関する各種資料
建物:既存の建物を改築して再利用(約82平方m)
入館料:無料

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ