国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

宮崎県に訪れたら絶対オススメ!ローカルフード一挙紹介

aosima.jpg18

街中を季節の花が彩り、海も近くて南国ムード満点。繁華街には、チキン南蛮や地鶏の炭火焼きなどご当地メニューを看板にした店が多く、グルメ旅も楽しめます!

地鶏の地鶏

miyazaki.jpg6
お酒のアテにぴったりな宮崎名物といえば、鶏の炭火焼きです。みやざき地頭鶏、日向鶏、霧島鶏など銘柄鶏が多いので食べ比べして楽しめます。柚子コショウを付けて頂きます♡

miyazaki
次はみやざき地頭鶏専門店「ぐんけい」の親子丼。JR宮崎駅から徒歩1分のところにあり、アクセス抜群。

miyazaki.jpg2
店内はテーブル席とカウンター席。ガラス張りの店内からは宮崎駅が見えます。

みやざき地頭鶏専門店「ぐんけい」

〒880-0811 宮崎県宮崎市錦町1−10

チキン南蛮

miyazaki.jpg6
揚げた鶏肉を甘酢にさっとひたし、タルタルソースをたっぷりかけた絶品!宮崎発祥の洋食ははずせない。宮崎市内のホテルの朝食でも必ずある一品です。
(写真は宮崎観光ホテルの朝食ビュッフェ)

miyazaki.jpg7
手製のタルタルソースが美味しい!左からチキン南蛮、ハンバーグ、エビフライが一皿にのる爛漫ランチ。

miyazaki.jpg5
創業昭和53年。マスターはチキン南蛮を考案した「おぐら」の初期メンバーの一人。ランチタイムにはいつも行列ができています。

GRILL爛漫

〒880-0002 宮崎県宮崎市中央通6−3 ウエストビル
0985-28-4011

宮崎名産の地酒

miyazaki.jpg4
黒麹と合わせた芋焼酎。優しい口当たりで年に一度しか出回らない限定品。

miyazaki
国産ブドウ100%の芳醇な生ワイン。繊細な香りとかすかな酸味が上品。

馬刺し

miyazaki.jpg1
熊本、鹿児島県が近いこともあり宮崎でも種類豊富な馬刺し。部位によって全然口当たりが違います。

スポンサーリンク

スイーツ&スナック

miyazaki.jpg4
米粉を使った薄焼きせんべいに自店製のクリームわサンド。ホワイトクリームとナッツクリームの2種類が楽しめます。身体に優しい有機栽培の特選茶は濃厚な味わい。

miyazaki.jpg5
世代を超えて親しまれる南国の味。県民の大好物♡

miyazaki.jpg2
宮崎産の日向夏みかんを100%使用したジュース。後味はスッキリとしていて苦味が無く飲みやすい。チーズ饅頭はしっとりとして甘さ控えめ。角切りの濃厚チーズがアクセントになっています。

miyazaki.jpg9
日向夏みかん。種なしと種ありがあります。ジューシーでビタミンCたっぷりのおいしさがクセになります。

ダシが決めて!透き通ったツルツルうどん

miyazaki.jpg8
創業84周年の宮崎うどん老舗「三角茶屋・豊吉うどん」は、昭和7年、創業者である故・奥野豊吉により、宮崎市中村町に誕生。素材やダシに徹底してこだわり、良質な素材が持つ自然な旨味を引き出すべく研究を重ねています。
 
miyazaki.jpg3
”安くて、美味くて、盛りがいい” 地元でも評判となった豊吉の味は、宮崎うどんの本流となっています。

豊吉うどん JR宮崎店

〒880-0811 宮崎県宮崎市錦町1−8 JR宮崎駅フレスタ内 えきマチ1丁目宮崎
0985-22-3377

オススメの観光スポット

takatiho-jpg5
・切り立つ断崖が続く、マイナスイオンに包まれた神秘の峡谷「高千穂峡」
記事はこちらから

aosima.jpg11
・ミシュランガイド獲得!鬼の洗濯板に囲まれたパワースポット「青島」
記事はこちらから

美味しいものがたくさんあり、今日は何を食べようかとワクワクした旅でした!他にはみやざき県民食はレタス巻き、辛麺、黄金イクラ、冷や汁、こまなすなども気になりました。次回訪れた際にチャレンジしてみようと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ