国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

カップルに最適!古き商都の栄華を今に伝えるレトロタウン「小樽」

otaru

江戸時代から重要な港町として機能してきた小樽。函館と並んで北海道で最も歴史のある街です。市内には寿司通りを中心に100以上もの寿司店があり、新鮮な海産物店が味わえます!歴史的建造物が並ぶ北のウォール街や小樽運河を散策してみませんか。

ノスタルジックな小樽運河

otaru-jpg12
大正末期に完成し、北海道の玄関口として多くの物資が運ばれた小樽運河。とってもキレイです♡

otaru-jpg13
水鳥が目の前にやって来ました。人に馴れていて大人しい。

otaru-jpg16
水面に映る石造りの倉庫群が美しい。JR小樽駅から徒歩10分でアクセスも抜群。

otaru-jpg15
散策路に建つ63基あるガス灯が印象的。夜になり点灯すると、より幻想的な雰囲気になります。

otaru-jpg14
散策路の向かい側にはたくさんの宿泊施設が立ち並んでいます。小樽運河を眼下に臨む、とても好立地な場所です。オススメは定山渓温泉にもある風情溢れる和室宿「運河の宿 ふる川」

函館の味覚を味わう!函館グルメ

otaru-jpg17
小樽運河食堂。観光客でひしめき合っています。寿司はもちろん、海鮮丼、スイーツまで揃う人気総合施設。

otaru-jpg19
函館発祥のお店「函太郎 小樽店」では回転寿司が手軽に味わえます!

otaru-jpg18
浅草橋御園近くにあり、レンガ造りの建物がオシャレ。11時のオープンと同時に入店するのがベスト。自家製〆サバ、マグロ、貝類が絶品です!!

otaru-jpg11
小樽運河周辺には土産店がたくさん。展望台もあります。

スポンサーリンク

北のウォール街で小樽グルメに舌鼓をうつ

otaru-jpg8
旧北海道銀行本店を南に歩くと、「OTARU BINE」が見えてきました。

otaru-jpg9
地元の新鮮な食材を使ったピザやパスタ、ワインが人気のお店。ランチタイムが終了していたので今回は入りませんでしたがとっても美味しそう♪

otaru-jpg7
ワイン店が隣接しています。種類豊富でどれにしようか悩むな~(^^)おたるワインに決定♡

otaru-jpg10
向かい側には小樽運河ターミナル。大正11年に三菱銀行小樽支店として建てられた欧風の建物を再利用。「洋菓子・喫茶あまとう」など小樽にちなんだ店が揃っています。

レトロモダンな雰囲気!おたる商店街

otaru-jpg1
JR小樽駅から歩いて5分。セントラルタウン都通りにある昔ながらの商店街。アーケードになっています。

otaru-jpg2
中央通りを南に歩くと、食べ歩きに最適なソフトクリームやベビーカステラがずらり。小樽名物ぱんじゅうもあります!

北海道最古の路線!手宮線跡地

otaru-jpg3
旧手宮線は手宮~札幌を結ぶ北海道初の路線として明治13年に開通。昭和60年に廃止されましたが、一部の路線がオープンスペースとして整備され、自由に歩くことができます。

otaru-jpg4
廃線となった後も、レールや踏切がそのままの状態で残されています。線路の上を歩くなんて初めてでした!斬新(^^)

朝らーめんも実施!自然派ラーメン処「麻ほろ」

otaru-jpg5
北海道では朝ラー(通称:朝ラーメン)や朝カレーが大人気です。

otaru
醤油、味噌、塩など種類が豊富。

otaru-jpg6
朝の時間に間に合わない方にはランチタイムがオススメ。シンプルな醤油ラーメンをオーダーしました。あっさりとした中に深みのある味です!スープが透き通っていて素材の味が伝わってきます。

オススメの観光スポット

akarennga-jpg7
・札幌を訪れたら必ず行っておきたい!オススメ観光地をまとめてみました
記事はこちらから

五稜郭
・星形の五角形がとてもユニーク!幕末の激動の舞台となった異国情緒漂う港町「五稜郭」
記事はこちらから

札幌からJR線で約45分。初めて小樽にやって来ました!電車から望む小樽近海の景色がとてもキレイでした。札幌とは異なる街並みで北海道の印象がかわりました。小樽運河の眺めや歴史的建造物をゆっくりと散策してみると、知らなかった北海道の歴史に触れることができます。美味しいグルメがたくさんあるのでお腹を空かせて行くのがオススメです!

小樽運河の詳細

〒047-0007 北海道小樽市港町5
city.otaru.lg.jp
0134-32-4111

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ