国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

世界有数のラドン含有量を含む美薬の湯!温泉好きなら一度は訪れてみたい三朝温泉

21century-musenm.jpg34

鳥取県にやって来ました!三朝のお湯は、高濃度のラドンを含む世界屈指の放射能泉です。 ラドンとは、ラジウムが分解されて生じる弱い放射線のこと。 体に浴びると新陳代謝が活発になり、免疫力や自然治癒力が高まります。 これが自慢の『ホルミシス効果』といわれています。日帰り温泉も充実しているので、そぞろ歩きで湯巡りを楽しんでみませんか。

三朝温泉の街並み

misasaonsen-jpg8
JR倉吉駅からバスで20分、三朝温泉に着きました。今回は「万翠楼」に宿泊するのでホテルの送迎バスで楽々到着(^^)送迎を行っているところが多いので助かります♪

misasaonsen-jpg13
橋から見た街並み。街の中心に大きな川が流れていて、空気がとても澄んでいます。

misasaonsen-jpg16
水が透き通っていてキレイ。水鳥の姿も見られました。

misasaonsen-jpg5
三朝橋を北側に渡りきると、横並びにたくさんの旅館が立ち並んでいます。写真中央が「万翠楼」。

misasaonsen-jpg19
老舗の温泉宿がたくさん立ち並んでいます。

misasaonsen-jpg7
唯一のコンビニ「ぷちショップ」が「万翠楼」の左隣にありました!ご当地グルメが充実。店内にはリカーショップもあり、お酒の種類がたくさん。梨のお酒を購入しました♡

misasaonsen-jpg2
三朝橋を南側に行くと飲食店や三朝神社があります。

misasaonsen-jpg18
観光案内所にはトイレもあって便利。地図をもらっておくとスムーズに散策できます。

河原風呂&河原の足湯

misasaonsen-jpg14
三徳川、三朝橋のほとりにある河原風呂はその名の通り河原にある混浴露天風呂で、三朝温泉のシンボルです。地元の人に触れ合うこともできます。
利用時間:通年24時間(奇数日の午前中は清掃の為入浴不可)

かじかの足湯

misasaonsen-jpg9
三朝橋の下流にあるかじか橋の中央に設置された足湯「かじかの湯」は誰でも利用できる足湯です。本を持参して読書するのもオススメです。紅葉シーズンにも良さそう。
利用時間:9:00~22:00(12月~3月は休み)

たまわりの湯

misasaonsen-jpg4
「たまわりの湯」は、菩薩様からたまわった湯として名付けられた温泉街の中心にある公衆浴場です。利用時間:10:30~22:00(最終受付21:30)

misasaonsen-jpg6
「三朝温泉 後楽」で日帰り温泉を楽しみます。タオルを持参しましょう。

スポンサーリンク

繁華街で地元グルメを満喫しよう

misasaonsen-jpg12
スナックやバーなどの飲食店が軒を並べています。

misasaonsen-jpg11
食べてみたかった「みささラードン麺」があるお店を発見しました。ここに決定(^^)
「茶田屋」営業時間 11:30~14:00、17:00~24:00

misasaonsen-jpg1
まずは茶田屋の地酒で乾杯!生酒で喉越しバツグン。グイグイ飲めます。

misasaonsen
お目当てのラードン麺。厚切りチャーシューにコシのある麺、もやし、たっぷりネギ。お酢、コショウ、ラー油をお好みでかけて頂きます。クセになる美味しさ!いわゆる油麺と似ています。

misasaonsen-jpg17
カウンター席に座ると目の前に大きな鉄板がありました。お好み焼きや焼きそばもオススメと言われたのでお好み焼きをオーダーしました。

misasaonsen-jpg10
外はサクっと、中はふんわりしたお好み焼きです。できたての熱々が最高です!

周辺の観光スポット

hanakairou-jpg3
・山陰の名峰・大山を見渡せる!日本最大級のフラワーパーク「とっとり花回廊」
記事はこちらから

adati
・世界が認めた、日本美術の殿堂「足立美術館」
記事はこちらから

三朝温泉の詳細

〒682-0123 鳥取県東伯郡三朝町三朝

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ