国内・海外の素敵な旅をサポートするメディア「TRAVEL ISSUE」

menu

トラベルイシュー

ゆったりと歩く水牛車に乗って由布島へ訪れよう!「亜熱帯植物楽園 」

taketomi-jpg42

沖縄県内で沖縄本島に次ぐ面積の島、西表島にやって来ました!今回、ずっと乗ってみたかった水牛車にチャレンジしてみました。ここは西表島との浅瀬を往復する水牛車渡しが名物の由布島。周囲約2kmの小さな島は亜熱帯の植物庭園になっていて、美しい花々や大自然に囲まれています。

西表島名物!水牛車トリップにチャレンジ

taketomi-jpg10
まずは「旅人の駅」で入園チケットを購入しました。駐車場完備で便利。30分ごとに出発しています。わくわく♡

taketomi-jpg11
水牛車に乗車!たくさんの人数を乗せて歩く水牛はかなりの力持ちです。

taketomi-jpg12
由布島は海抜1.5kmの砂州の島。戦後、最大300人余りが暮らしましたが、その後、植物園として整備されました。


動画はこちらからどうぞ。

taketomi-jpg13
水牛にはみんな名前が付けられています。写真撮影にも応じてくれます(^^)

taketomi-jpg14
由布島発の水牛車も30分おきに出発します。乗車時間は約15分で約400m。

かなり広い敷地の由布島をくまなく散策しよう

taketomi-jpg15
ヤシ並木の散歩道が美しい園内。


真っ赤なハイビスカスやたくさんの植物が咲き誇っています。動画はこちらから。

由布島限定グッズがたくさん!お土産店とレストラン

taketomi-jpg41-jpg51
メニューが豊富でどれにしようか悩みます。てびちそばや島カレーなどもあります。

taketomi-jpg16
タコスをオーダーしました。

taketomi-jpg17
こちらは八重山そば。

手作りのジェラートが有名!「由布島茶屋」でお茶タイム

taketomi-jpg23
マンタの浜や由布島小中学生跡、茶屋など見どころ満点。主要時間は1時間半~2時間くらいです。

taketomi-jpg19
8月中旬に訪れたので35度以上の暑さです。ちょっと冷たいものを食べたい気分なので茶屋に向かいます。

taketomi-jpg20
数種類のジェラート、ケーキ、コーヒーなどがあります。

taketomi-jpg22
紅いもと西表島黒糖をチョイスしました。どちらも自然の甘さでさっぱりと食べられます♡

taketomi-jpg41-jpg43
茶屋の向かい側にはハンモックがあり、誰でも利用可能。寝転びながら、マンタの浜を眺めることができます。

taketomi-jpg41-jpg45
小浜島を間近に望むビーチ。マンタの像がお出迎えしてくれます。

taketomi-jpg41-jpg44
さらさらの白砂で思わず裸足になりました(^^)

taketomi-jpg41
由布島にはこのような水牛車の像やイリオモテヤマネコなどの石像がたくさんあります。探してみましょう♪

スポンサーリンク

マングローブ林を観察しながら歩く散歩道を渡ろう

taketomi-jpg41-jpg54
まるでジャングルのような植物のロード。自動販売機が無いので、お土産店や売店で購入してから散策しよう。

taketomi-jpg41-jpg46
真っ赤な美しいハイビスカス。

taketomi-jpg41-jpg48
辺り一面がマングローブに覆われています。

taketomi-jpg41-jpg49
大きな貝がマングローブ林に生息していました!

taketomi-jpg41-jpg50
砂州の島なので、マングローブも砂に埋もれています。こんなに近くでマングローブを見れるとは思っていませんでしたので感激です。

30種以上が咲き競う「ブーゲンビリアガーデン」

taketomi-jpg41-jpg55
晩秋から3月ごろが見頃です。

taketomi-jpg41-jpg47
鮮やかなピンク色の花が目を引きます。花びらが紙のような質感をしています。

「水牛の池」

taketomi-jpg41-jpg53
40頭あまりの水牛がのんびり暮らしています。気持ち良さそう。

初めて乗った水牛車はとても心地よい揺れで、大パノラマの自然が広がっていました。三線を弾いてくれるスタッフが同乗している水牛車もあります。水牛は温厚な性格で人に慣れているので、横に並んで写真を撮ることもできます。島の食材を使ったランチやスイーツが頂けるのもポイントです!マンタの浜ではどこまでも広がる浜と大空に心が癒されます。よーく見ると砂に小さな生きものが生息してちょこまかと動いています。

周辺の観光スポット

nirakanai
・亜熱帯のジャングルが広がるロケーション!「ホテルニラカナイ西表島」
記事はこちらから

「亜熱帯植物楽園 由布島」の詳細

〒907-1432 沖縄県八重山郡竹富町古見689
0980-85-5470

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ワードプレステーマ「LUXE」

ワードプレステーマ